神戸第七防波堤に釣行するときの注意点を紹介


【注意点】



 神戸第七防波堤は,非常に広大な防波堤です。
 このため,一日で防波堤全てを攻めるのは,至難の業です。
 特に夏場の昼は,自殺行為と言える場合もあります。
 事前に色々状況を確認してから,釣行しましょう!
 注意点は,順次追加していきます。

 注意点1 (渡船店)

  七防に渡している渡船店は色々あります。自分に合った渡船店で釣行しましょう!
  ここでいう自分に合ったとは,何時(日時),何処を攻めるかということです。
  せっかく釣りをしたいのに・・・ってこともあります。

 注意点2 (タモの柄)

  七防の外側は,干潮時海面まで非常に高さがあります。
  タモの柄は,6mの長さが必要です。
  内向きは,短くても問題ありませんが・・・

 注意点3 (波)

  七防は満潮時(特に大潮)は,堤防上が波で洗われることがあります。
  またタグボートが通った後も,同じように波に洗われることがあります。
  荷物の置き場,荷物の固定方法など十分に注意してください。