迷人ヒラタこと、平田副会長の2006年版『呟き集!』

迷人ヒラタのページ


2006年版 迷人ヒラタの『呟き集』

 *** 2006年10月29日(日) 場所:南港 ***

10月29日(日)  南港

 本日は「南港チヌ釣り大会」に参加してまいりました。
 何年ぶりかなぁ。。。
 南港セル石での落とし込み。
 三年ぶりぐらいになると思いますが、この日を楽しみにしていました。
 私にとって南港と言えば「セル石」、落とし込みを憶えたのもこの場所からでしたから、格別の思い入れがありますね。
 「野島釣り」・・・(今ではヘチ釣りが通称です)について書かれている初心者向けの専門書を読んで、見様見真似で始めて変人I氏と何度か南港で練習させて頂きました。
 2.4mぐらいの短竿と木ゴマリール、エサはクモガニシラサエビでブクを持ちながら歩いて、短竿での「張らず緩めず」ってのが良く分からなくて、道糸を海面に円を描くように浮かべてアタリをとっていました。
 30cm未満のチヌを釣っては喜んで、いつか30cmオーバーのチヌを釣るのが目標でしたから、今のような年無し(50cm)なんて夢のまた夢、そんな巨大チヌなんて見たこともなかったですね。
 そんな私も今では目印使って、エサはミドリイガ、内オモリ、釣法はスライダー・・・変われば変わるもんですねぇ。

 セル石で竿を出せるのが嬉しくて、気合入れて落としました。
 午前中は濁りも入っていて、潮が高くてアゴは隠れていましたが、なかなか雰囲気は良好です。
 千歳屋さんが、半円形の真ん中付近でアタリがあったということで、私も中央付近を重点に落としていきました。
 確かにこの部分だけが潮が正面に当るようで落ち方が違っていまして、やがて目印をひったくるようなアタリが出だしました。
 4度、同じようなアタリがあったのですが、まったくハリにのりません。。。
 ドコで竿出してもヘッポコ釣りは変わりませんが、アゴ下へ確実にエサを送ればヒトヒロぐらいで魚信があってワクワクしながら、5度目のアタリがトマリ、自分でも信じられん素早い反応で「グワシッ!」。。。
 いっつもトマリはキキアワセが常なのに、私の聖地「セル石」が、いつもの鈍重な感覚を鋭敏に覚醒させてくれたようです。
 36.7cm・・・サイズはチョッと不満でしたが、数週間ぶりのチヌやんの曳き、楽しいですねぇ〜♪

 昼からの釣りは、残念ながらアタリはあったもののサイズアップの目論見も果たせず、 釣果一尾で終了となりました。
 込み潮ではありましたが、濁りがなくなってタナも2ヒロ〜2ヒロ半ぐらいと深くなりました。
 たまに誰かが竿を曲げてはいましたが、結局セル石では40cmオーバーは出ませんでした。

 表彰式では、黒鯛人メンバーが数名入賞致しました。

 スーさん   3位(賞品ゲット!)
 ミラクル   4位(賞品無し!!!)
 ハマちゃん  7位(賞品ゲット!)
 名手Kさん  9位(賞品無し!!!)

 本日は5位、7位、10位が飛び賞となっていましてミラクル名手Kさんが漏れてやんの・・・ナハハハ、オモロ〜♪
 しかし、なんだかんだ云っても入賞はいつものメンバーでありますねぇ。
 私の釣ったチヌやんでは10位にも届かずでしたが、抽選会でお土産でも貰って気持ち良く帰宅しようとしていたんですけど・・・・・。
 今日の大会に参加した内のクラブ員は私を含めて8名。
 全体で80名ぐらいの参加人数で半数ぐらいがハズレるはずの抽選会で当ったのが7名強運の黒鯛人であります!(ミラクルも名手Kさんも当ってしまった。。。)
 8名中、ハズレてしまった哀れなクラブ員は誰だったのか。。。

 不運の黒鯛人はただ一人・・・短足友の会・会長(会員ゼロ)の私であります!!!
 なんだよ!これは!
 ミラクルと並んで記帳したのに、先に名前書いとけば良かった。。。
 ミラクル・58番、私・59番。。。

 ど、どこまでも私の壁だぜ、このオヤジ!!!


 *** 2006年10月22日(日) 場所:七防 ***

10月22日(日)  神戸七防

 秤の呪。。。
 月例でデジタル秤を持ってきた者には、チヌは釣れない。。。
 オソロシイ呪じゃ〜!
 今月の月例日は昨日と本日。
 秤を持ってきたクラブ員に、昨日その呪縛解けずに舞い降りる。
 悲惨な結末・・・かけバレ連発、呪は生きておるのじゃ〜・・・ヒェ〜恐ろしい。

 さて、「秤の呪」なるものに見事に嵌ったその御仁、今日こそその呪を打ち破るとの意気込みにて、昨日デジタル秤を持って帰るという勇気なる行動を敢行、連日の秤運搬係りを買って出ての本日のリベンジ釣行でありました。

 アタリもない中やっと待望のアタリで魚掛けてやり取り中、なんとPEラインをとばされてしまったそうで愕然としておりました。
 「PEが切れるなんて呪としか思えない。。。」青ざめながら話してくれましたが、人の不幸は蜜の味とか申しますね、思いっきり笑わして頂きましたぁ。

 午前中アタリが一度もなかった私は、早々に昼休み。
 連チャン釣行の疲れも出て長い休憩時間の合間に「呪の秤」話に身震いしながらも思い当たる節に頷くのでありました。
 (私もそうだし、確かケンちゃんもそうやった。。。)
 それほど強烈な呪があるなら、今度、ミラクルに秤を持って来さそうと悪巧みを思いついて、今日も君には悪いけど「秤の呪」が解けないよう、連日のボーズを密かに念じる私は姑息そのものであります・・・ギヒヒヒ。(いつかバチあたるぞ!)

 そんな事よりも、私は秤持って来てないのに昨日はボーズやったので長い休憩時間で気力指数を上げて、込み潮の時間帯に落とし続けました。
 白灯台に向って打ち込みながら、まずは名手K様がサラシ状態になった内側でチヌやんゲット、相変わらず余裕のやり取りを観戦しながら、チョイとお先を失礼してエサを打ち込むもアタリはなく何気なく前方に視線を向けると、ミスターMの旦那が外側で竿を大きくしならせながら、結構な大物をゲット。。。
 オオッ!ジアイ到来じゃ!と気合入れながらエサを打ち込むのですが私にはまだアタリもない・・・なんだかヤバイ雰囲気が絡みついてきた。。。
 残り時間も少なくなって焦りが出ながらも落とし続けて東の果ての白灯台ご到着。
 アタリ全くナシ!
 Uターンは西へ戻りながら、落とし続けてヤバイ雰囲気をモロに感じた前方で楽しげに魚とやり取りしているハマちゃん発見!
 「秤の呪」はものの見事に打ち破られて「ミラクル撃沈」なる私の悪巧みも露と消え去ってしまった。。。
 でもリベンジ釣行で3枚のチヌをゲットして呪縛を払いのけたハマちゃん、あ〜たはエライ!
 ・・・と、人を誉めてる場合ではない!
 なんと三人の釣りを願ってもいないのに観戦してしまった私は、既に廃人同様でありましたぁ。
 検量時間も過ぎて尚、竿を出し続けてミドリイガイを2度も割られ、最後は竿をひったくるアタリでもハリがかりさせられなかったのには目が点になってしまった。。。
 ヒ、ヒドイ!ヒド過ぎる!!!
 「撃沈」したのは私でありましたぁ。。。ガクッ。。。

 昨日は5回、ミドリイガイを割られながらも一瞬のトマリアタリに全て反応出来ず、今日も2回割られて二日で7回もデカミドリを割られてしまった。
 そして、これでもかっ!ってぐらいにひったくるアタリでも魚釣れなかったんやから、呪は秤にあるんじゃない!
 どっかの神社にでもお祓いに参らにゃ、こりゃヤバイんとちゃうか?
 チヌの呪なんて事は絶対に有り得んもんなぁ、呪われるほど釣っとりゃせんもん。

 連日のボーズ。。。(バチあたった!)
 今日の朝、仕事行こうか釣りしよかって悩んだ挙句、釣りを選択したのを後悔はしておりません。
 しておりませんが、チヌ釣りたかったなぁ・・・グスン。
 それにしても最後っ屁みたいなあのひったくるアタリはなんだったんやろなぁ。。。
 「しゃ〜ないやっちゃなぁ〜、女々しい顔すんな、ホラこんなアタリでどや?」
 プロ野球でも、ど真ん中にストレート投げても打ち損じる名スラッガーもおるやろ?
 あのね、ぶっちゃけ言いますけど、こちらは迷スラッガーですから、そっちでハリに掛かってくれんと釣れんのよね、そろそろ分かってくれんと困るんよね、実際。。。

 「呪い」はどこかの誰かに舞い降りるのでしょうね、爆釣の喜びに浸るそこのあなた!

 いつかどこかにかならずや呪縛はやってくる。。。
 さてさて、その恐ろしさを体験してみたい方は是非、七防へ来てくださいね。
 そして私と握手するのです。
 「呪い」の輪は確実に浸透することでしょう・・・お、恐ろしい〜。。。


 *** 2006年10月15日(日) 場所:七防 ***

10月15日  神戸七防

 晴天の秋空・・・今日はクラブ員限定大会(参加人数22名)です。
 何も考えず自分だけの釣りに徹して楽しめる大会のひとつなので、毎年楽しみにしています。
 表彰は一尾長寸が1位〜3位まで、最多枚数は優勝者のみという、かなり狭き門となっています。
 最多枚数は私の腕では、ほぼ無理なので一尾長寸だけを狙ってのスタートです。
 完全に無理とは言わないところが私のいさぎ悪さでありまして、ひょっとしてエエ目できるかもかも?と淡い期待も含んでいたんですけどねぇ・・・。

 北風強く内側は波気良好、まずは白灯台までを探っていきましたが、今日も潮が殆んど動いていなくてアタリはまったくありません。
 どうも今年の七防は潮位こそ高低を示しますが、潮が動かない日が本当に多いように思います。(先週も同じこと言ってましたっけ?)
 私と同じように白灯台に向って探っていた他のメンバーにもアタリはなくて、お手上げ状態。
 昨日の深夜、仕事場で眠い目をこすりながら作成した改良型目印「新・迷人スペシャル」は以前よりも若干の進歩を見せながら落ちて行きますが、魚の反応を感知することはありませんでした。。。

 長い休憩時間は弁当食べて、皆と談笑、そして読書。。。
 読書だって・・・スポーツ新聞拡げてね、赤いボールペンで印付けて暇つぶししてただけですけどね(笑)
 こんな不謹慎?なことできる大会もここだけですので大目に見てやって下せぃましぃ。。。

 昼からの釣りは、大物ゲットを想定して新しいハリスを付け替えて大きなミドリイガイだけを餌箱に入れて、全面にサラシ状態が現われだした内側を足元が波に洗われて靴の中がジュクジュクになるのもおかまいなしに落とし続けました。
 でもアタリはま〜〜〜ったくありません。。。
 残り時間が1時間ぐらいにもなると外側でも竿を出したりしましたが、これまったアタリありません。。。
 どうせアタリないならやっぱり信念貫き通して内側でと3番付近で落とし続け、残り5分で落としていた目印が引っ張られて、それが波のせいだと思ってしまってアワセ入れずに見過ごしてミドリイガイを確認したら・・・・・蝶番が割られていたのであります(泣)
 これってチヌやんが喉の奥まで餌を入れていた証(と、誰かに教わった)・・・フ、不覚じゃ〜!
 本日唯一のアタリを見逃してしまった・・・無念じゃ〜!  普段から油断ばっかりしている釣りしてるからこんなことになるんですね、そしてまたまた反省をして竿を納めるヘボ釣り師。。。

 検寸台で測る役目はやっぱり私ですかぁ?
 魚釣れてないのに魚臭くなった手を見る・・・「働けど、働けど・・・ジッと手を見る」

 こんな悲しい有名な詩の一節を思い出しながら釣果のあった9人のチヌを不肖この迷人が賜りまして、無事検寸を滞りなく終了の儀、務めさせていただきました。。。
 しかし毎回毎回・・・ボーズなんっすよね!ボク。
 人の釣った魚ばっかり測るのは、これはもうチョットした拷問っすよね!
 公正な判定はボーズの人が良いって・・・ここは副会長しかいませんよ!って。。。
 誰かが言った・・・私は忘れない・・・いつか海に落す!!!
 そして今日も私は夕陽に向って叫ぶのであった・・・オー枚数カット(オーマイガットにかけております)

 一尾長寸の部
  優勝・・・・・ヒカリ様(48.9cm) 今年の七防では年無し級のデカさ、お見事!です。
  2位・・・・・変人I氏(サイズ忘れた) 毎年この大会だと活躍するのが不思議やね。
  3位・・・・・変態F兄弟所属・兄ヤン(サイズ忘れた)  海に落す!!!

 最多枚数の部
  優勝・・・・・黒さん(5枚) いつもながら堅実なるご釣果、恐れ入ります!

 いつか大会で優勝したいなぁ、そんなマグレもあるかもしれませんよね、来年は。。。

 さてお楽しみ抽選会は私が熱望していた「神戸紅茶」を見事ゲット!
 マグレって・・・こんなところであったんですねぇ。。。ナハハハ♪


 *** 2006年10月8日(日) 場所:北港 ***

10月8日(日)  北港

 夢の昔日、腕の痛みが名残。
 ま〜だ昨日の腕の痛みが消えていません。
 今朝もシップ薬貼り換えて、オコゼさんとのお約束だった北港へと参りました。
 そんだけ腕痛むんやったら、オコゼさんに訳を話して休んでたらエエちゅうもんですけど、先週の北港スリットの面白さに魅せられ、あの快感をもう一度味わいたくての釣行です。
 流石に昨日の疲れが残っていたので、11時半の渡船に乗り込みました。
 いつも間違える交差点も今日はバッチリと右折して悠々のご到着。(やれば出来る!)

 オコゼさん達は午前5時の渡船にて、2番コーナー(通称レーダー)に降りていましたので、追随して起点の荷物置き場はレーダーとしました。
 本日も北風強く、レーダー付近は風裏でしたので休憩場所としてはベストでして、到着早々まずは腹ごしらえ。
 どこに行っても楽しみは景色を眺めながら弁当を味わうことですね、飛行船が青い空と白い雲を背景にユラユラ流れ、西は淡路島や神戸港、東は・・・あれ?どんな景色やったっけ?ノムさん(宇部茅会)とマルちゃん(黒影旅団)と話しながら飛行船ばっかり眺めてたから記憶にない!
 ま、いっか、楽しかったから(笑)
 そこへオコゼさんも午前中の釣りから帰ってきて、清々しい昼の一時、今度はエロエロな話になっていきますが、ノムさんとオコゼさんとの強力タッグなら仕方ないかも知れませんね、私はもっと高尚な話したかったんですけど、空気の読める私はシブシブその会話についていきましたぁ。(爆)

 釣り始めたのは2時の渡船が着てからだったので、この便に乗っても良かったですねぇ。(苦笑)
 とにかくスケスケの潮で、エロエロ話の合間にほんの少し聞いた情報ではマス中でしかアタリがないとのことでしたので、マス中の壁だけを狙ってミドリイガイを餌に落とし始めました。
 先に風を受ける西面で竿を出しますが、強風で竿を握る右腕の痛みが倍増してしまう為、スグに南面に移動して風裏のポイントだけで釣りをすることとしました。

 残念ながらアタリは2回だけ
 一度目はミドリイガイを割られてしまっただけでしたが、二度目のアタリがこれまた強烈。
 タナ1ヒロあたりで引き込みのアタリ、瞬時のアワセ入れるとガッチリと針がかりしたものの、凄い勢いでスリットを潜り抜ける、それを阻止しようと両手で竿を支えますが、アッと言う間に外海に逃走、止める間もなく一瞬にして目印を飛ばされてしまいました。
 クッ〜、たまらんなぁ〜北港スリット!
 バラしてもこの手応え、実にオモロイ!
 まだまだこのポイントでの釣りは経験不足で、チヌやんには迷惑かける釣りしてしまいましたが、なんとか攻略の手立てを考えなければいけません。

 夕まずめは、マス中で泳ぐチヌやんをチラホラと発見しながら寄って来い寄って来いと念じつつ落とし続けましたが、餌には見向きもしてくれなくてあえなく納竿となしました。
 西の雲が茜色に染まる夕焼けに、圧倒されるほどの美しさを感じて溜息、そしてボーズとなって呆けて吐息。。。

 帰りの船ではオコゼさんとノムさんのエロエロ話が再開、またしても私は二人の話に巻き込まれながらも大笑いして、楽しい一時は幕となりました。
 今度この二人と同行する時に備えて、エロエロ話に磨きをかけておくことが私の宿題となりました。
 AV観て研究しとかなアカンなぁ、この強力タッグに勝つために。
 頑張ろっと!!!(スリットの研究が先やろ!ちゅうねん!)


 *** 2006年10月7日(土) 場所:七防 ***

10月7日(土)  神戸七防

 右腕が痛い。
 シップ薬貼ってしまうほどイタイ。
 北風強くて竿を握り締めてたからですが、それだけではない!
 夕方からの猛攻、チヌやんの強烈な曳きに耐えたキャシャな腕が悲鳴を上げたのです。

 休日以外は鉛筆とか烏口しか持ったことがないので、たまに魚釣れると普段使っていない筋肉を使うのでその疲労度が激しいのです。
 だから、釣行の度にあまり釣らないようにしているのが毎回ボーズになっている本当の理由なのであります!(とうとう暴露してしまった。。。)
 いやぁ、真実を公表したらなんだか胸のつかえが取れてスッキリしましたねぇ。(ナハハハ)

 さて、しょ〜もない冗談はさておき本日の七防は北の風強く外側はスケ潮でベタ凪、とてもじゃないけど竿を出す気にもなれなくて、内側だけを落してみました。
 北風ですので濁りはないのですが波はエエ感じで打ち寄せてきます。
 本日の満潮は午後7時頃、夕方のジアイに、この風なら遭遇出来るかも?との期待感で昼飯までは潮の流れを確かめながら東の白灯台まで落として行きます。
 潮の流れを確かめるなんて生意気なこと言ってしまいましたが、どうもこのところ大潮での七防は、潮位こそ大きな変化を表しますが、潮があまり動かない日が多いようなのです。

 一番階段まではやはり潮が動いてなくてアタリもありません。
 こんな時、先端付近を攻めるのは、どの波止でもお決まりですが、白灯台付近でアタリが2回、2回目のアタリでアワセるとこれがなんとも久しぶりちゅうぐらいの重量感で、下に潜ることもなくグイッグイッっとケイソンに平行して横へ移動、竿が大きくしなり、立てることもできずにただ耐えること数分、こりゃ年無し間違いなし!と興奮してたら・・・フッと脱力。。。
 痛恨のハリス切れ、無念じゃ〜!
 ガックリしたけど、年無し(だと思う)とのやり取りは今にしてみると楽しかったなぁ。

 エネルギー消耗してお腹すいたので3番(荷物置き場)まで戻る途中3回目のアタリは少しアワセ遅れて手応えなし、ミドリが半分に食いちぎられてたほどのアタリやったのにハリ掛かりさせられないのにまたしてもガックリ。(いつものことや〜ん)

 弁当も、強風と雨の中では空腹を満たすだけの味気なさ、サッサと平らげて暫しの休憩。

 潮が上がり出すのを待って、午後3時から釣りを再開、まだ風強く波も荒い。
 程よく潮も動き出し、サラシ状態が内側前面に現われる午後4時になってもアタリは出ません。
 こりゃ、期待してたジアイもなくボーズかなぁ?と諦めだした午後5時
 正しくゴールデンタイム到来でありましたぁ!!!
 45分間でアタリは数えて10回、バラシ4回、捕獲4尾44cm筆頭に全て40cmオーバーで曳きも強烈、、バリバリ楽しんで腕パンパン
 最近の七防ではこんな良型が揃うことは珍しくてアリガタヤァ〜の夕まずめ。
 最後の方は目印が見えなくなって仕掛け糸を張りながら潮に任せてミドリイガイを沈めていくと竿にガッガッと信号が伝わりまして、これなら即アワセを入れられるので最初からこうしとけば良かったってチョッとだけ反省しました。
 引き波で目印が沖へ引っ張られるので、いつもならこんなヘタクソな落とし方してるとアタリなんてありませんが、この夕まずめ時はその沖に引っ張られてしまった目印にでもアタリが現われるほどに食い気のあるチヌやんが上層にウヨウヨいたんでしょうね。
 ただアワセを入れても沖にある仕掛け糸がフケているため瞬時のアワセとはいかなくて、それでバラシを4度もしてしまったようです。
 これも技が未熟な証拠、でもこんなヘッポコでもアタリが連発にあるのが落とし込み釣り。
 先週の北港といい、今日の七防、ジアイが同じ夕まずめ、しかも納竿までアタリ連発、実に楽しい〜!!!

 帰りの船で見たデッカイ満月はマンマル、今日の釣りもマンマル、私の体形もマンマル。

 ・・・えじゃないか〜♪


 *** 2006年9月30日(土) 場所:北港 ***

9月30日(土)  北港
 ミラクルからのお誘いで本日はクラブ選手権以来の北港へ釣行。
 11時半の渡船に間に合うように、月一の病院で「本日急用につき、先生の診断はご遠慮仕りたく、お願いの儀、ここにおん願い奉り候」美人看護士に頭下げて、一ヶ月分のクスリだけを貰ってそそくさと逃げるようにして病院を後にして、一路たまや渡船に向ったはずでありましたが、国道43号線から右折せねばならない交差点を間違えて、最初は南へ向っていたはずが、気がついたら東へ進んでしまったようで、焦り出しながらも来た道をトレースしながら戻り、やっと見覚えのある交差点を今度は左折(行き過ぎてたちゅうねん!)はしたものの、時計は既に渡船時間の11時半を過ぎていたのでありました。
 ま〜たやってしまった・・・。
 カーナビ付けなアカンとは思いますが、運転には釣り以上に自信がありませんので、カーナビ見ながら運転なんて、危なくてとてもじゃないけど私には無理です。

 午後1時半、時間潰すのに苦労しながらも乗船。
 北港は通称「矢板」にて、まずは昼飯平らげて一服後、先に到着のミラクルとハマちゃんと合流。
 情報ではアタリはチョコチョコあるとのこと、お二人とも数枚を既に釣っておりまして、込み潮の夕方は期待できるとミラクルの予言。(細木さんより当るよ、ミラクルの予言!)

 釣り始めたのが3時頃からでミラクルから貰ったミドリイガイが一個、二個と割られてしまいます。(フムフム、やっぱりアタリ分からん。。。)
 貰ったミドリ五個もスグになくなって、ムラサキイガイに換えてみるも、葉っぱ状にグチャグチャにされるのが悔しいどころか嬉しくなってしまうのがMの性癖が成せる業。
 エサの痕跡を確認しながら、「あの時のあれがアタリやったのね?」と反省するのも楽しいのであります。
 やがて込み潮の夕マズメ、ミラクルの予言は的中!
 4時過ぎから1時間半、アタリがハッキリクッキリとしだすのです。
 初めは2ヒロぐらいから、込み潮で潮位が見る見る上がりだすとタナもドンドン浅くなって夕暮れ時の目印視認も限界になる頃には矢引きでアタリが現われます。
 外側の壁だけを狙ってイガイを滑らすとアタリ連発!
 ピピッと引き込みのアタリは「グワシッ!」とアワし、ピタッととまりは「ドヤサッ!」と気合。
 スリットへ突っ込むチヌやんをいつもの華麗なへっぴり腰にてハッシと耐えて、その曳きを存分に楽しみながら一尾、二尾と順調に捕獲。
 茜色に染まる夕空を背にして、私の横で張り合うかのように竿をしならせるハマちゃんの勇壮なるシルエットが美しい。

 待ち焦がれた逢瀬、もう少し楽しましてたもれ〜・・・。
 秋の日は釣瓶落とし、沈む太陽が恨めしい。
 ミラクルも50.8cmの年無しをゲットして、大物賞の渡船券がご褒美。

 楽しかったぁ〜!
 落とし込みしたぁ〜って充実感でいっぱいですよ。
 釣果5尾はアタリの数の何分の一かってほどのもんでしたけど、落とすたびにワクワクしたのなんて今年初めてです。
 釣りした時間が三時間弱だったのも集中できて良かったようですね。

 ミラクルの予言は凄いでしょ?
 ここだけの話ですけど、この人だけはチヌと会話できるんです。
 今日もチヌが二尾、口開けてミラクルを見ていたそうです。
 見ていたんじゃなくて、チヌやんがなんか話かけてたんとちゃうんかなぁって、ほぼ確信してるんですけど、流石にミラクルもチヌと話が出来るとは誰にも言ってません。
 でも私は信じてます。
 絶対、チヌと交信してるはずやって。
 ・・・オソロシイよなぁ〜。

 さて明日は取材でまた北港へ参ります。
 ・・・今度こそ、交差点を間違えずに右折するのが私の最大目標であります!!!


 *** 2006年9月10日(日) 場所:七防 ***

9月23日(土)  神戸七防

 沈む〜目印〜キレイだなぁ〜♪な〜んも変化な〜く沈む〜目印〜美しい〜♪
 橙い〜ろの目印も黄色い〜ろの目印も〜み〜んなとってもキレイだなぁ〜♪
 同じリズムで沈んでく〜♪な〜んもな〜んも変化なし〜♪とってもとっても楽しいなぁ〜♪
・・・・・ハァ〜。。。

 あのねぇ、もうどうゆうたらエエんかなぁ、なんちゅうか、終わった後の脱力感、虚脱感、淋しさ、わびしさ、やがて夕焼け空を背にして漂うのがお決まりの哀愁。。。
 テ〜イ!エエ加減にしたれよー!どないしたらエエんじゃ!おまぁら石投げたろかー!

 悠々と目の前泳ぎやがって、その前にエサ落としてるこの空しさが分からんかぁ?おまぁらバカにしてんねんやろ〜!
 イガイ駄目、パイプ駄目、タンク駄目、フジツボ駄目、ミドリ駄目、カタカナのエサがみ〜んな駄目!!!
 ひらがなのエサにしとけばアタッてたかな?(アホですなぁ〜)

 午前7時半の渡船で七防へ渡り、午後6時の渡船で七防を後にするまでアワセ入れたのが、たったの一回
 でも北東の風強く、竿を握り締め続けた腕は二桁釣果を上げた時のような疲労度がありました。
 おっと昨年から二桁釣っていないので、そんな疲労度なんてのも、そろそろ記憶が薄れ気味ではありますが・・・。
 イガイから始まり都合五種類のエサを使い分け、そのローテーションもイガイに戻ってやっとこさ浅ダナにて引き込みの極めて分かりやすい恵みのアタリに歓喜してアワセを入れるも手応えなし。
 エサもそのまま付いているし、今にしてみると幻覚でも見ていたのかしらん?と思えてきます。
 この時期にアタリが一回ですから、かなり堪えましたねぇ、ヤケッパチになりたくなるのもご同輩なら分かってくれますよね?
 今日は大潮でしたが、一日中潮があまり動かなかったのと、外側はスケ潮で見えチヌも警戒して落ちるエサに興味を示してくれなかったようです。
 北東の風で内側は濁りありましたが、上潮だけが風で滑るだけでしたし、内側はあまり風が強く吹くと、波が荒れだして返ってアタリが出ない事がよくあります。
 まぁ、アタリがでない状況がいくつか重なったようですが、それにしてもヒドイ!
 次回釣行までの一週間、またまた悶々とした日々を過ごさなければなりませぬ〜(笑)

 厳しい状況は毎度毎度のことですが、釣行するたびに今日こそ爆釣の夢も毎度毎度飽く事もなく続くのであります。
 渡船に揺られながら遥か西へ霞む広大な防波堤を眼前にすれば、釣り魂は萎えることを知りません。
 ボーズがあるからこそ、次回に期待が膨らむのでしょうね、毎回爆釣なんてことになったら、落とし込みなんてしなくなりますから。。。

 う、嘘です!毎回爆釣してみたい!
 帰りの船で皆が釣れ捲くって自慢話で盛り上がりたいよ〜!
 口をヘの字に曲げて、頭を横にフリフリ、これがこのところの七防での合図になってるみたい。。。
 全員爆釣の日よりも全員ボーズの日がやってくるのもそう遠くないかもしれませんねぇ。

 そして帰りの船で全員が「ハァ〜」って溜息、その重みで船がブクブク〜。(コワ〜)

・・・・・いつか爆釣の釣行記が書きたいなぁ。。。「ハァ〜」


 *** 2006年9月10日(日) 場所:七防 ***

9月10日(日)  神戸七防

 スコールのような雨に見舞われながらも、なんとか無事に終えることとなった、黒鯛人主催の「第19回・秋季大会」
 天候不順の天気予報にも関わらず、ご参加頂いたのが78名、いつもながら感謝感謝であります。
 このところの七防の状況からして予想通りのド貧果ではありましたが、成績表に表示した10位まで、空欄なくうめる事が出来たのは奇跡的?でありましたぁ。
 30cm以上のチヌが総数12尾、その恵みを授けられた釣り師が10名だったのですから、これはもうやっぱり奇跡ですねぇ。
 ただ、飛び賞だけは空欄になってしまいましたけど。。。
 30cm未満のチヌを釣ってしまった、恵まれない釣り師も数名いらっしゃったようなので、釣果枚数はもう少しあったようですけど。。。(ねぇ?シノさん!)

 今年の大会も黒鯛人からの優勝者は出ませんでしたが、これだけの猛者が参加の中では地の利も生かせないようですね。
 今回も黒鯛人からは20名が参加、奮闘も空しく、釣果があったのはたったの2名
 ミラクル名手Kさま・・・結局はこの二人なんですよねぇ、そしてこのお二人の釣ってる様子を両方とも観戦してしまったのが私だけだったのは、なんの因果なんでしょう?
 競技開始して早々に昼飯食い出した私を含めた数名の前で、取材のカメラに収められながら悠々と釣ってしまうミラクルはやっぱりミラクル
 普通、カメラマンが追随してる時って緊張して釣れないですけど、開始早々あっさり釣ってしまうんですから・・・なんなんでしょうねぇ〜この人は!
 「ヘナチョコ釣り師の実体はこれだ!」みたいな取材企画あったら是非出てみたいですね、きっとカメラマンがシャッター押すチャンスは皆無になるから取材は大成功するはずなんですけど(ガハハハ)。
 心臓に毛が生えてるあんな人はほっといて、とりあえず飯平らげて釣り始めることにしました。。。
 外側でイガイが割られるとの情報に釣られて外側から釣り始めてみましたが、イガイも割られることなく2番まで歩いていると内側でアタリが何度かあるって情報に釣られて内側に移ってみましたが、やっぱりアタリなんてありゃしません。
 魚釣れませんが、甘言にはまんまと引っ掛けられて釣られてしまう私は、若い頃キャッチセールスの美人のおねぇちゃんデートの約束という甘い言葉にまんまと嵌められてメッチャ高い英語の教材を買わされた苦い経験を生かすこともなく、今回も上に下にと甘い情報に釣られ捲くって終わってしまいましたぁ。。。
 ウ〜、なんで今頃になって私の恥部を暴露せなアカンのやろ、これ一応釣行記ちゅうことやねんけどなぁ(ポリポリ)。
 因みにその美人のネェチャンには、デートはキッチリすっぽかされたのは言うまでもありません(ナハハハ)。
 因みに待ち合わせ場所で4時間半待ち続けた私は、分厚い単行本一冊読みきりましたっけ。
 因みに携帯電話なんてもんはない時代のお話でございます。
 ・・・いつもながら脇道にそれてばっかりしますよねぇ、私の話って。。。

 さて引き返して本道へと戻ることに致しますが、内側に移ってアタリもないまま落とし続けて、ふと前に視線を向けると短竿を見事に操りながらチョチョイとチヌやん仕留めていたのが名手Kさま
 この前灯台の影で爆睡を先に越されてしまった悔しさがよみがえるのじゃ〜!
 そのチヌ、私の釣るはずやった魚とちゃうん?(チャウチャウってチヌが言ってる)
 こんなアタリのない日に結果出すのは並大抵ではありませんが、ミラクルといい、名手Kさまといい、流石!であります。
 この二人、まだまだ私には遠い存在ですね、精進していつかは追いつき追い越したいものでございます。

 納竿まで、一生懸命釣りして下さった皆様には毎回頭が下がる想いでいっぱいになりますね、出来る事なら奮闘賞を全員に送りたいのでありますが、競技には順位を付けなければなりませぬ!(ツライ〜)

 重量の部・優勝は・・・向井さん(VFC)=総重量は1.99s(2尾)でした。
 この悪状況での2尾は素晴らしいですね、おめでとうございます!

 長寸の部・優勝は・・・川澤さん=48.0cmでした。
 最近の七防では40cmを越えるチヌやんが少ない中、このサイズはお見事でした。
 おめでとうございます!

 そうそう、3回もチヌやんを針がかりさせながら、3回もチヌやんに逃げられたヨネッチ!に物申そう。
 ヒーローになるにはまだまだ青い!これからも大会で揉まれて技を磨きなさい!
 先輩の一言は甘くはなく辛いのだ、私も一尾でも釣ってれば、キャッチねぇちゃんの恥ずかしい話などせずに済んでいたのに、釣れないと恥部まで晒す羽目になるのだから(グスン)・・・・・と、とにかく頑張れ!(無茶苦茶な励まし方やなぁ)

 今回、司会は弁舌爽やかに見事な進行役を務めてくれましたのが、黒鯛人のチョイ悪おやじ「ダンディあさ様」でありました!
 いやぁ、私は前々から出来る人だと思ってたんですけど、実に見事な進行で最後まで締めてくれましたね、当分の間は大会の司会役は安泰でございます。
 おかげで、スコールに見舞われてアタリも一回もなく、抽選にも漏れて散々な目にあってしまった私や、そのご同輩も「ダンディあさ様」の軽妙な進行で和んでくれたことでしょう。

 今年の七防はオカシイですね、ネクラ5月に釣れ捲くったり、いつもなら爆釣が続く6月後半〜7月が思うような釣果が得られなかったりと、こちらの思惑をあざ笑うかのような状況が続いています。
 今回の大会も懸念していた貧果に終わってしまいましたが、秋チヌ本番はもう少ししたら必ず訪れることと信じてます。
 どうかこれに懲りずに、これからも七防へ来てチヌやんと遊んでやって下さい。

 本日、ご参加下さいました皆様には黒鯛人一同より厚くお礼申し上げます。
 どうもありがとうございました。


 *** 2006年9月2日(土)・3日(日) 場所:七防 ***

9月2日(土)・3日(日)  神戸七防

 東の空が白々と視界が広がり、清々しい風を受けて渡船は南へと矛先を向ける。
 波止に上ると海原から拡がるオレンジ色に染まる陽光の美しさにただただ見とれてしまいました。
 そうかぁ、早起き好きの釣り師達はこんな贅沢をする為に朝の一番船へと乗り込むんですね。
 そんな朝焼けを楽しみながら釣り開始、今日一日を占えるかのようなワクワク感が堪りませんせんなぁ。。。
 ウ〜ム、通常なら就寝時間の3時過ぎに寝床から起きる苦痛も、こんな気持ち良い朝を釣り場で迎えられるのなら、年に1〜2回ぐらいはエエかもしんない。

 9月度月例日第一日目の2日(土)、クラブ員7〜8名と午前5時出船の臨時便に乗り込んだのですが、正直こんな清々しい朝を迎えられただけでも得した気分です。
 いつもなら早朝から釣りしている仲間に当日の状況などを聞いて期待度も測れるのですけど、とりあえず竿を出してみなけりゃ何も分からない訳ですから、ワクワクの期待度も高くなります。
 高くなっているだけに一時間、二時間とアタリのない気だるい釣が続くとテンション急降下、清々しい朝を迎えた事などすっかり忘れて凪の海に毒づく下品なオヤジと化すのであります。
 こんなに早くから竿出してるのに反応なしかよっ!たくよー、8時まで寝とけばよかったでぇ、ア〜しんど〜、ア〜あほらし〜・・・ワクワク感消滅!
 しかしアタらんなぁ、臨時便乗船したほとんど全員がアタリがないってことでしたから、この状況の悪さはどうしようもありません。
 後は満潮を迎える夕まずめ時に、僅かな期待を持たせるしかありませんでした。
 早めの食事を済ませて潮が上ってくる時間まで白灯台の影で名手Kさんと暫く休憩、やがて天然エアコンの灯台の影に身を置き、毎度の爆睡・・・を先に名手K様にやられてしまって、何故か私は眠れずに貨物船の行き交う様と爆睡に落ちた名手K様をボーっと眺めていました。(気持ちよさそうに寝てるでぇ、明日まで起こさんとこっと、へへへ)
 やがて来るであろう夕まずめのジアイを独り占めしてしまう魂胆など微塵もなく、優しい私は純真な思い遣りを示すのでありました。。。
 さて内側がサラシ状態になる時間が訪れるとソ〜っと釣り支度を整えて、K様を起こさないように足音を忍ばせてその場を離れるのであります。(エライ!)
 2時過ぎからポツリポツリと待ちに待ったアタリが出だして、やっと釣れそうな感じがしてくると、灯台の影からむっくりと起き上がったK様が「どう?アタリでだしましたかぁ?」って近くで釣っていた私に聞いて来るので正直な私は「全然!アタリなんてありませんからもっと寝てても大丈夫ですよ〜、アタリがあったら起こしますから〜」・・・と言ってしまおうかとも思っていたんですけど、アタリがあった嬉しさについ「アタリ何回かありましたよ、そろそろですよ」って言ってしまいましたぁ。(やっぱエライ!)
 しかし、釣り師の執念恐るべし!アタリが起ち出すと眠りから起きるその嗅覚、流石は名手K様(何が流石か分からんけど)。
 午前中の状況から一転、4時過ぎまでは魚の気配バリバリ、目印に反応はなくともイガイ割られるのでイガイバリバリの気配バリバリです。
 それにしてもアタリが分からん、前回の反省をしながらも仕掛け糸の購入が出来なくて、いままで使っている仕掛け糸で前夜作成した深ダナ用目印を使いましたがいつもと同じように鈍感な目印となってしまいました。
 とりあえずチヌやんの口を使わせているのですから、今日の落とし方には問題はないようでしたが、2時間あまりの間に何度イガイ割られてしまったことかっ!
 なんとか久々の「グワシッ!」アワセにて2尾(2.70s)は仕留めましたが、計量が示す通りなかなかの良形でしたので、後何枚か追加していればかなりの計量が望めただけに悔しい釣りになりました。

 帰りの船で明日の釣行はどうするんですかとの問いかけに「仕事があるしなぁ、まだ分からんけど明日の朝に決めるわぁ」と答える私に千歳屋さんが「あぁ、じゃ明日は七へ来ますね!」って。。。


3日(日)月例会二日目

 来ちゃいましたぁ・・・アッでも朝に決めた訳ちゃうよ、昨日帰りの車の中で沸々と湧き立つ闘志に誘導されるままに、既に決定済みでしたから(笑)
 でも疲れが残っているので9時半通常便に乗船。
 変態F兄弟の弟ケンちゃんに諦めが悪いですねぇって言われて「ヒツコイ系やからね〜♪」って平然と答える疲れ気味のオジサンは精気減退、気力萎えても食欲旺盛(胃だけは元気!)
 船の上ではサンドイッチ、午前中はチョッと竿出して昼食に弁当とざるそば、3時にはパン一個とカニかまぼこ(かまぼこはフジツボの代用に使えるかと買ったんですけど喰っちゃいました)、帰りの船でもパン一個、帰宅してから冷やし中華にカレーライス二杯、食後のデザートにアイス一個・・・糖尿病のクスリは必携でございます(ガハハハ)
 ほんでもってタバコ二箱軽く空けてパソコン打ちながら三箱目のタバコも後数本となっておりますが、これってほぼ自殺行為でございます。(ナハハハ)
 波止でこれだけ喰ってる奴ほかに見たことないから、異色の釣り師は迷人の他にはござんせんでがしょ?(勝てるもんならかかってきなさい!)

 エッ?釣りしたんかっって?
 まぁなんですねぇ、昨日13時間ほど釣りしてましたから、もう釣果なんてどうでもエエかなぁ〜って・・・(グヤジィ〜)  だってね、昨日あれだけイガイバリバリのバリバリが皆目ないんですよね、アタリもそうちゃうかなぁ〜というのが2〜3回、エサ確認したらイガイがなくなってたから、ア〜やっぱりアタッてたんやなぁ〜って・・・
 本音申し上げるとですね、際へエサを落すのも面倒になるくらい集中できてなくて、目印の落ち方も気に喰わないし、もうクタクタで撃沈してしまいました。
 検量だけはいつものようにメモリを読み上げる役目は滞りなく集中してやらして頂きましたが、自分が釣っていない時に検量するのもオモロナイですねぇ〜(本音言っちゃいましたぁ・・・笑)
 でも月例会は楽しいですね、連チャン釣行も頑張れるしね、釣れた人も釣れなかった人も一生懸命やった結果ですから、これはもうそれだけでエエんです。(と納得しとかなしゃ〜ない!)

 このところの難題の仕掛け糸、帰りに釣具屋さんへ寄って数種類買って来ましたよ。
 フロートタイプは除外して、サスペンドタイプ、ナイロンハリス、へら用道糸などなど。

 昨日と今日サラシ状態へ目印を投入して気付いたんですが、チョッと浮力が強かったようです。
 もう少し浮力を小さめにして水の抵抗を出来るだけ受けないような目印がイメージするところです。
 何本か試作してみて改善しているようなら、また皆さんへご報告します。

 昨日もストリンガー追加購入したしぃ、今日は仕掛け糸・・・かなりの出費です(泣)。

 こりゃ来週の釣行からは食費削ってバランスとらにゃきゃダメですねぇ。
 行きの船のサンドイッチを止めるか、帰りのパン代削るか、それともタバコ一箱控えるか。。。
 アタリもしない馬券(JRAでは勝馬投票券と言うらしい)購入を控えるか。
 いっそのこと、おネェチャンとの食事止めるか・・・これ除外!
 どれもこれも楽しみにしてるからなぁ・・・悩むなぁ。
 悩むならどうしてもっと釣が上達しないのかを悩めってかっ!
 ウーム、それも一理ある!
 ・・・・・もう難題だらけで「釣り」してる暇なくなるなぁ。。。(ホンマやなぁ〜)


番外編
 9月10日(日)はいよいよ当クラブ主催の「秋の落とし込み大会」ですね。
 さてここで遠来からご参加下さる皆様へ、この土日の二日間の状況を説明しておきます。

 釣れているポイントは白灯台(東先端)〜5番南向き(外側)、白灯台(東先端)〜3番北向き(内側)です。
 タナは2〜3ヒロと深め、ジアイがあれば1ヒロ〜1ヒロ半ぐらいでもアタリはあります。
 エサは、イガイツブ、イガイダンゴ、パイプ、フジツボ、タンクと色々です。

 それでは皆様、ご参加お待ち申し上げております、楽しい一日を過ごしましょう!


 *** 2006年8月27日(日) 場所:七防 ***

8月27日(日)  神戸七防

 前回はストリンガーについてボヤキましたが、今回は積年の悩みの種、目印についてボヤキかましてしまいましょう。
 ここ数年、イガイが割られているのにアタリが分からないことが多々ありまして、これは目印のせいと決め付けて・・・技量のせいですって?!・・・なんちゅう慈悲のない言葉でしょうか!・・・そんなん自分自身がいっちゃん分かってます
 でもね、それでは話が進まんのでして、ここは一応仕掛けのせいちゅうことで進めさせて頂きます。
 色々と仕掛け糸や目印の材質を換えてみましたが、未だに納得のいく目印に至っていません。
 思えば落とし込みに出会った17〜18年前からの難題を抱えたまま、現在に至っているのでありまして、もうどれだけ目印ばかり作成してきたことか!
 発砲目印に始まって作るたびに落ち方が違うので、考えた末に浮力をなくす為に針金を入れて見たり、それでも理想の落ち方をしてくれないので、目印の材質をビニールパイプに換えて、その中に綿を詰めて水を含んでシブシブの状態を作ったりしました。
 これは最初は良かったのですけど、使っている内に綿がビニールパイプの中から少しづつ出てきたり、綿が完全に無くなったりしました。
 自分が理想とする目印が出来なくてもう訳が分からなくなってチューインガムの銀紙で目印を作ってみたりもしました。(銀色ってキラキラして落ちていくのでキレイでしたけど)
 この頃はほとんどビョーキでしたね、仕事してても目印のことばかり考えていたし、スーパー、文具店、ホームセンター、どんな店行っても目印の材料になるもんはないかってその店に来た本来の目的も忘れて探し回ってました(笑)
 やがて、バルサ材を使用すればシブシブの状態が作れると釣り雑誌で知り、現在はバルサ材をパイプに詰めて使っています。
 そのパイプにしても材質を換えてみているのですけど、どうも上手く作れていません。

 それと今一番悩んでいるのが仕掛け糸ですね。
 現在使用しているフロートタイプの糸はどうも理想の張りが作れなくてモゾーとしているというか、ボヤーとしてるというか・・・名人、達人の方々に仕掛け糸はどこのメイカーのなんちゅう商品名なんかを事あるごとに聞き捲くっています。
 ただ、私の作った目印で結構釣っている人もいるので、無茶苦茶な目印でもないみたいなんですけど、私が使うと「極・迷人スペシャル」は言う事を聞かないんですよねぇ・・・やっぱ、技術不足なんかなぁ・・・ハハハ。
 最近では、市販の目印も結構良い落ち方してくれるので、それを使って釣りしても良いのでしょうけど、自分で作成した仕掛けで魚を釣るっていうのが楽しさを倍増してくれますので、今後も出来るだけ自作の仕掛けで釣りがしたいです。

 さて、そんな目印を使っての本日の釣り。。。
 内側のサラシ状態になっているポイントでアタリ分からずにイガイが割られて、まず一回
 外側に移って上潮が滑っている状態で仕掛けを上げるとイガイが葉っぱ状態、いわゆるグチャグチャにされてもアタリ分からずで二回目
 白灯台で2時間の爆睡の後、元気モリモリになって落とし続けて、なんだか急に目印の落ち方が遅くなってるなぁっと思いつつも何度か落としてやっとヘンやなぁっとエサ確認したら割られていたので・・・やっぱりアタッてたんやぁ(グスン)、でも分からんかった・・・で三回目

 ・・・・・目印のせいじゃ〜!!!
 仕掛け糸換えてやるっ!もうあの糸は使わんぞ!
 改良するしかないもん、こんなんもうイヤヤ!
 また、ボーズやで、ポタポタ汗落としながら暑さでめまいしながら、目印睨み続けてもアタリなんてありゃ〜しません!
 三回もチヌやんが反応してくれてるのに、目印が反応しないからどうしようもありまっせん!
 先週から「グワシッ!」ってアワセ入れてないんですけど、こりゃあまりにも淋しいです。。。

 それとね、最近、皆の目印の捌き方見てると、とんでもなく上手く見えてしまうんですよね、これはかなり迷ってる証拠ですね、普段は自分の釣りしてたら釣果に惑わされることなく結構満足してられたんですが、どうも他の落とし込み師の釣り方が気になってしまいます。
 弟子もいることだし、師匠がこんなに迷いながら釣りしてたらダメなんでしょうけどねぇ。

 「迷人」ですからこれも仕方ありませんね。
 来週は仕掛け糸を新たにして「極極・迷人スペシャル」で爆睡・・・チャウチャウ
 今度こそ今度こそ今度こそ・・・爆釣してやるぞ!!!

 ほんでもって来週の結果次第では、このコーナーが更新しない場合もありますので、ご容赦下さい。。。


 *** 2006年8月20日(日) 場所:七防 ***

8月20日(日)  神戸七防

 8月度月例日第二日目。
 昨日のストリンガーのトラブルにてのチヌやん脱走は、かなり堪えました。
 皆からは、このストリンガーが一番ダメやねんで、デカイ魚なら二本掛けておかな逃げられるでぇ、とスプリング式のストリンガーはボロクソの評価でありました。
 確かに毎度このストリンガーを使うたびに外れてまうんちゃうかなぁって不安はありましたので皆の云うことも頷けます。
 今日はたくさんたくさん、たくさ〜ん釣るつもりで昨日の疲れが思いっきり残っている体にムチ打って・・・ムチで打つ?・・・イ、イカンまたいらん想像してまうぞ・・・ジョ女王様、そのムチで・・・アア〜やめれって!
 ストリンガーの話の続きから軌道修正をさせてもらう事にしまして、たくさん釣るつもりで渡船店に向う途中で釣具屋さんに寄ってストリンガーを購入。
 一袋3本入り1、350円もする高級ストリンガーを2袋・・・高過ぎやで、これは!
 割り算間違えてなければ一本450円やんな、コンビニでいつも買うてる昼の弁当が確か同じ値段やったはずや、ちゅうことは弁当が六個も買えるやんか!こりゃ今日絶対使わな損じゃ、使わなアカンぞ!(モロ関西人の発想ですけど)
 ウ〜ム、ン万円使てもネェチャンと食事する為なら近未来に貧乏生活遭遇必定の不安も考えずに平気で使えるのに、ストリンガーの値段にこんなに敏感に反応するのは何故なんやろね?(自分でも分からんけどオモロイ)
 このままやとストリンガーの話だけで終わりそうですけど、市販のストリンガーって値段色々とあるけどデザインや強度考えて見てみると結構高いよね、月例や大会でしか使わないからそんなにたくさんいらないし、良い物を購入しておいた方がエエとは思うけど、購入するとなると躊躇するんだよねぇ。。。
 まぁ、私の場合50本もあればなんとか間に合うんですけどね・・・ハハハハハ
 睨まないで!5本で間に合うけどチョッと見栄張りたかった・・・へヘヘヘへ

 今日の状況ですけど(やっと釣りの話だ)、太陽燦燦しかも昼過ぎまで風なし!
 昨日と今日の連チャン釣行はミラクルと私だけ、昨日釣行したメンバーの皆さんに一言「根性なしめ〜!でもチミたちは大正解!」、この酷暑はツライ!
 脳味噌も蒸発してしまうほどの暑さで頭モウロウ、目印見てても視点散漫、集中出来ないです。
 アッ、でもミラクルは関係ないみたいですよ、昨日のヨネッチの釣果を抜いてやるって集中しまくってましたから・・・ナハハハ・・・・なんなんでしょうねぇ、この人は!!!
 昨日、「極・迷人スペシャル」をメンバー数人に上げてしまって、使い古しの目印が切れて予備がなくて市販の目印を使っての釣りとなりました。
 この仕掛けはピッチが10センチと狭くて、でも視認性はすこぶる良くって落ちるスピードも一定してて、この頃の市販の目印はかなり進歩してますね、弟子が使ってる目印も同じ市販のもので、良い機会だから一日中使ってみようと思いました。
 エエ目印と思っていたのは無風からやや微風となるまでしたが、使い始めての一投目でスピードが遅くなるアタリに反応できず、エサを見事に取られていました。
 先日、弟子に落とし方を教えていた時に、アタリがあったのに葉っぱが付いて遅くなったと勘違いしてしまったのと、まったく同じようなアタリであったのにアワセを入れられなかったんですねぇ、ヘッポコ釣り師面目躍如でございます(ポリポリ)
 そのアタリが本日唯一のアタリになる事も知らずに、期待していた夕方のジアイを迎えます。
 南風が吹き出し波がバシャバシャしだして絶好の状況となる夕まずめはミラクルやミスターMの旦那が「ドヤサッ!」「コリャサ!」と次々とチヌやん仕留めているのを悔し涙でボンヤリとした風景として眺めるばかりでありました。。。
 そうです、この市販の目印、風が吹いて波が出だすとジャジャ馬の如く、言う事を聞かずにコントロール不能となりました。
 波で引っ張られるわ、海中に沈んでいる目印までも波のうねりで浮きあがるわで、もう途方に暮れました。
 こんなに慣れてない目印が、扱いにくいとは思いもよらなかったですね。
 ただ、この目印を意のままにコントロール出来るようになればかなりの腕前になること必至です。

 それにしても疲れ知らずのミラクルの凄さは改めて言うのもなんですけど、もう唖然とさせられますね。(毎度のことですけどね)
 今日は目印使ってましたけど、ヘチ釣りでも目印の落とし込みでも何でもこなしてしまうのには脱帽でした。
 年中目印だけを使ってる私はいったい今まで何やってたんかなぁって反省ばかりさせられます。
 こんな怪物を負かそうなんて身の程知らずでありますが、まだまだ反骨精神だけでも燃やして、残りの月例会に挑みたいですね。

 ア〜、でも悔しいなぁ、アタリが一回だけなんもそうですけど、新品のストリンガーが使えなかったのが残念!!!
 来月の秋の大会と月例にはこのストリンガーが足りないほど釣り捲くってやる!!!
 そうかあ、そうなると今日買った六本じゃ、足りないから後三袋ほど買うとかなアカンかなぁ。。。
 「スロリンガーもっと買え〜、もっと買え〜」って暑さで脳味噌蒸発したアホな頭がそう囁いてくるのであります。

 ゆらゆら揺れる帰りの船上で「ストリンガー買ったのに使えなかった」ってミラクルに言ったらグハハハってメッチャ喜んでくれましたけど、笑をとる為にボーズになったんやないんですけど〜。
 皆さん、お金を惜しまずに頑丈なストリンガーをご用意下さいね。
 でもね、ストリンガー購入すると、その日はボーズになる願掛けを大阪湾にしておきましたので、釣行日にはゼェ〜タイ買ってはダメですからね。。。
 ご用心ご用心(ムフフフ)


最新ニュース!  *** 2006年8月19日(土) 場所:七防 ***

8月19日(土)  神戸七防

 釣り番組取材の為、5時の臨時便にて七防へ渡る。
 起床3時半。。。信じられん!
 まるで正当派釣り師の起床時間ではないかっ!
 自他共に認めるへタレ釣り師にとって、空気も新鮮な早朝に竿を出すなんて健康的過ぎて体がおかしくなってしまうではないかっ!

 本日は8月度例会もかねていましたので、取材終了後も午後5時半検量まで、マルマル一日落とし込み一色。
 曇時々雨、カッパ着込むと汗でムンムンムレムレ、とてもじゃないけどカッパなんて着てられないので、雨に濡れても、えじゃないかぁ〜♪
 それにカッパ着てると一瞬のアワセの反応が鈍る・・・かも(笑)
 北東の風、外、内側ともに濁りなく、なのにチヌやん姿は見せず。
 タナ深しの符号、今日も2ヒロ前後まで集中して落としてみることにしてみたものの、何時間もアタリがありません
 落ち方へんやし〜てのが2度ほどありましたが、エサのイガイが割られていただけで別段変化なし・・・・って落ち方へんならアワセんかい!変化、アリアリやん!
 雨が止んでコンクリートが乾いて手頃な爆睡場所ができるとスグ眠りに落ちる。。。
 折角気持ち良く寝てるのに、また雨が降り出すとその雨粒が美顔?に当って爆睡の邪魔をしてくれます。
 ったくよ〜、今日は爆睡するために来てるのに邪魔すんなよな〜。
 ・・・違うでしょ!爆釣でしょ、それに取材でしょ、波止で寝てるおっさんカメラにでも撮られて放映されたら、もう仕事場にも行けない(ナハハハ)
 干潮から上げ潮に入って午前11時頃、雨粒に起こされてプチジアイの幸運に恵まれましたのも普段の行事が良い証拠ですね。(オホホホ)
 毎度、釣り番組の最後に放映されます参加者全員の集団前列に2尾ぶら下げて映ってるはずですから、数秒間美顔拝して下さいまし。(ゲヘヘヘ)
 さて、その前列中央に私よりチョッだけ男前のヨネッチが陣取っておりますが、最近絶好調でありまして、取材終了時点で?尾、一人だけ両手(皆片手だけや!)でチヌやんぶら下げてカメラに収まっておりますので、見たい方は私の次ぎに注目してあげて下さい。
 チヌやんとのやり取りもカメラにバッチリ収まってるらしいので、見てやって下さいね。

 撮影終了して、暫し皆で食事タイム。
 ヨネッチは皆の羨望の的となり、やがてイジラレ捲くられておりましたが、若手が台等してこそ、クラブの繁栄と充実があるのでおおいに結構な事と、好々爺は思うのであります。
 午後からは月例に集中、今年はホンマ集中ばかりしていて昼寝なんてなかなか出来ませんね・・・してたか!  今日の七防、午後の明暗クッキリでして、西に攻めた徳川軍と東に攻めた織田軍、釣果分け目のミニ灯台、徳川軍に大漁旗の軍配が揚がるのでありましたぁ。
 私は当然?織田軍ですので、釣果伸び悩み、シメテ4枚。
 検量結果は2.62s・・・検量は3尾。。。
 ロープを上げてみて愕然!ストリンガーが外れて一番でかいチヌやんに脱走されておりました。(クヤシー!)

 私よりチョッとだけ男前のヨネッチは西を攻めて大正解!
 ミラクルも名手Kも迷人も(肩を並べてみました・・・ウフッ♪)真っ青、ダントツの竿頭でありました。
 釣果枚数??枚!検量結果は??s!(あ〜たはエライ!)
 今日は目印使って釣ったんやってね?その目印の作り方を教えたのは誰だったかなぁ〜?

 憶えてるかなぁ〜・・・それはね、迷人ヒラタってゆうんだよ〜。。。
 だからぁ、今度はコッソリ釣り方教えてくれないかなぁ〜♪
 何事も五分五分(今風に云えば、フィフティ〜フィフティ〜ちゅうらしいね)。
 明暗分けたわけだし、幸せも分けて欲しい訳ね、ボクとしては。(意味違うやろ!)
 勘違いせんとってね、これは脅してるんちゃうよ、お願いしてるだけだからね。

 明日はどうするかなぁ、家でゆっくりするつもりで今日は頑張ってみたんですが、気になって休養できそうにないので、七防行っちゃおうかなぁ。
 とりあえず二桁釣りしたいんだよね、ボクとしては。
 今度は西へ攻めよう!
 いや、まてよ、これだけアラシ捲くった後だから東のほうがエエんちゃうかぁ?
 でも西に攻めないで後悔することになったら、今日の二の舞やしなぁ。。。
 ア〜分からん、七防はオソロシイとこじゃ、こっちで釣りしてるとあっちが気になるし、あっちで釣りしたらこっちが気になるし、今晩寝ないで考えるしかないな。
 いや、まてよ、寝ないで考えてたら日の出とともに瞼が重くなって寝てしまったら、釣り行けなくなるんちゃうんかぁ???
 ア〜分からん、自分が分からん、分裂症になってまうわぁ。。。
 もう寝よっと。
 いや、まてよ、寝てまうと明日の攻め方決められんしなぁ。。。

 ・・・・・誰か私を助けて下さい!!!


 *** 2006年8月12日(土) 場所:七防 ***

8月12日(土)  神戸七防

 アタリ一回2尾の釣果。。。
 本日、アタリとして捉えた目印の変化が一回あっただけ。。。サビシイ〜

 8月中旬は毎年のことで喰いが落ちるんですけど、これだけアタリがないとかなりシンドイ!
 イガイの口が開いて、採取した時の悪臭はこの時期仕方ないのですけど、それでもまだまだダンゴ状に固まっているイガイもありますし、エサとして十分使えます。
 昨年のイガイは根性無しで殆んど防波堤に付着していませんでした。
 今年はド根性あるイガイの大群で、シーズンを楽しみにしていたんですけど、これが意に反して7月を過ぎ、この8月の半ばまで期待ハズレとなっています。
 あまりにもイガイが付き過ぎている為、落ちて来るイガイにあまり興味を示さないのかなぁ?と思えるほどです。
 チヌはもうそれこそウジャウジャいるのは先日のスケ潮で確認済みですので、もっと目立つような落とし方を工夫しなければ納得するだけのアタリに遭遇出来ないようですね。
 目立つような落ち方かぁ。。。
 例えば、ワザとイガイを回転させながら落すとか・・・。
 例えば、イガイに白、赤、銀、金、単色がダメなら七色にマーカーで着色しちゃうとか、レインボーイガイなんて、かなり目立つと思うねんけどなぁ・・・。
 自分でやるのもアホらしいから、誰か実行してみてくれんかなぁ・・・。
 今の時期、エサ換わりも考慮して、タンク使えばアタリも鮮明にでるかも分かりませんが、猛暑の中でのタンク採りはも〜う地獄です。
 出来るだけエサ採りで精力を使い果たしたくないので、懲りずにまだまだイガイを使い続けます。

 今日の七防は南西風で波気良好、でもまるで秋の海?と錯覚するぐらい濁りが入りません。
 これだけ季節風が吹き続けているのに全く海水の色は変化しません。
 朝方はチヌやんの姿も見えていたそうですが、私が波止へ上った頃にはチヌはその姿を見せることもなく、落せど落せど目印に変化は出ません。
 午前中は仕掛けを上げようとしたら、勝手にハリに掛かっていたチヌやんを一尾
 大会や例会ならありがたい一尾となりますけど、アタリも分からずに釣れてしまうのはオモロナイですねぇ。
 午後からは雲も広がり燦燦と照りつける太陽を隠してくれて、風も涼しく爆睡を久しぶりに楽しみました。
 今日は弟子を連れてきていないので、思いっきり昼寝出来て幸せ!
 2時間ぐらい眠っていたのですけど、雲の切れ間から太陽に邪魔されてその暑さで起こされてしまったのが午後4時ぐらいでした。
 あのまま気持ち良く寝ていたら多分午後6時の迎船まで寝ていたでしょう(笑)
 このところの七坊は夕まずめ時は期待薄ですけど、まだアタリを見ていないので船が迎えにくるまで、集中して落としました。
 午前中は緩やかに動いていた潮も午後からはほとんど動かずで益々気が重くなりながらもひたすら落としていたら・・・。
 4時半、待望の目印にアタリが出ました!
 タナは丁度フタヒロ2.5m「極・迷人スペシャル」最後オレンジパイプがシュッと引き込むと、野獣の如く牙をムキ、渾身の気合を込めて「グワシッ!」と間髪入れずにアワセを入れる「五頭身の男前」
 ウ〜ム、絵になるなぁ・・・ハハハハ。
 まるで、ドラえもんが鯛釣ってるとしか見えんから、漫画ですけどね・・・ナハハハ。

 濁りが入らず、チヌやんも目視できない状況だと、やはりタナは深いですね。
 これからは同じ状況も考えられるので、次回は3ヒロまで探ってみようかな?3mチョイ「極・迷人スペシャル」作成しょっと♪

 結局、アタリはその一回のみ。
 アタリ一回釣果2尾・・・これって確率200%になるんかな?
 な訳、ありませんよねぇ。。。
 喰いは渋くても、もうちょっとアタリあると反省も出来るんですけどね、どうも今日はモヤモヤした気分だけを残して納竿となりました。

 モヤモヤ気分を解消する為に、久しぶりに芦屋温泉に浸かりに行ってスベスベお肌になって気分爽快。
 町のあちこちにある銭湯の安価な値段で温泉を楽しめるので、釣りの疲れを癒すのにはホンマ良いトコですよ、皆さんにもお勧めです。
 防波堤で爆睡、温泉でサッパリ、帰省ラッシュで大変な目にあってる方達には申し訳ないですけど、こんな近場で釣りと温泉楽しめる、神戸って・・・
 も〜う最高!!!


 *** 2006年8月4日(金) 場所:七防 ***

8月4日(金)  神戸七防

 今年初の・・・平日釣行。
 猛暑の中、汗水たらして働いている皆さんのことを想うとなんだか悪い事しているような申し訳なさでいっぱいでございます。
 だだっ広い防波堤に弟子と二人、灯台〜4番までは他に誰もいないポイントはもう爽快でありました。(ア〜でもエエんかなぁ、こんな事してて)
 ホントに仕事している皆様には何とお詫びしてよいのやら。。。
 ・・・なんちゃって、そんな謙虚なこと考えるわけないですよねぇ、この性悪な私が(ケッケッケ)

 「平日ならもっとたくさん釣れますよね」って先週の日曜に2尾釣った弟子が尋ねるもんですから「そりゃ土日よりかはアタリあるんちゃうかなぁ」って平日釣行した事もない師匠がつい分かってるように答えてしまったら、「じゃ、平日行きましょう」って2尾釣って興奮冷めやらぬ弟子からのご要望。
 最近少し仕事も落ち着いてきたことだし、付き合ってやるかぁっと意を決した次第でございます。
 なにか引き金がないと、平日に釣行なんて贅沢できませんから念願叶っての釣行です。

 夏場は、白灯台の影を拠点に動きますが、今日も昼時はこの影の恩柄に授かりました。

 いやぁ、砂漠のオアシスちゅうやつでして、ここでの休息がなければ後半の気力は枯渇してしまいますね。
 弟子ときていると、ウサギとカメになりたくないので、休憩してても弟子の動向には目を光らせている為、爆睡はできませんが天然エアコンで体の熱は充分下がります。

 今日の潮時は、干潮が午前9時半、満潮が午後6時。
 ン〜ナイスですねぇ、干潮前後でチョチョイと数枚、で夕方の込み潮でバ、バ、爆釣〜!・・・祝・二桁釣果!!!
 ン〜やっぱりアホですねぇ〜。
 七防へ上って見るとスケスケじゃ〜あ〜りませんかっ!
 なんなんでしょうねぇ、海面スレスレでデカチヌがウヨウヨ遊んでるんですよねぇ、これがもう60cmは越えてるんちゃうん?ちゅうくらいデカイんですからもうアングリ。
 そりゃ水の中では実際よりデカク見えるちゅうことぐらいワテでも分かりまんねんけど、それにしてもこんだけぎょうさんのデカチヌが七防にはおるんやなぁと改めて確認しました。
 スケスケなので少しでも気配を消せるであろうと高場になる外側だけを攻めてみますが、近くに寄るだけでデカチヌはそっぽを向いてしまいます。
 でもヒトヒロぐらいエサを沈めるとデカチヌが遊ぶタナよりも少し深めで小ぶりのチヌがエサに寄ってくるのが見え、目印に反応、見えチヌを釣るのなんて久しぶりなので結構面白い体験が出来ました。
 デカイのが上で遊んでチッチャイ(40cm未満)のが下で落としたエサに反応するのも興味湧く出来事だし、竿も出していないのに近づくだけで警戒するのが年無し級のデカチヌ・・・こりゃ年無しを釣り上げる確率が全釣果の1〜2%ちゅうことも頷けますね。
 でもこれだけデカイのがウヨウヨいる事でも分かりますが、決して年無し級の数が少ないから釣り上げる確率が低いとは言えないようですね。
 警戒心が驚くほど強く、かつ水面スレスレの浅ダナで遊ぶ大胆さ・・・こりゃ年無しを釣るのは容易ではございませんよ、ご同輩。
 さて、そんな37〜38cmチッチャイ?(私は満足です!)チヌやんを干潮前後に3尾確保、スケスケ状態でもいつもより少しだけ慎重にエサを落せば釣れるんでありまして、濁りがないから釣れないとの言い訳もおいそれとは出来ないですねぇ(笑)
 さて、弟子なんですが、ポイントを外側、内側と梯子を上ったり下がったりの大苦戦。

 「アタリありまっしぇん!」と泣き言、外側でたまにアタリあるからこっちゃ来い!と3尾釣り上げて菩薩の手招き。
 「ちょっと落とし方見せてみぃさ」と暫くの弟子観察。(ネェチャン観察の方が私は好きです!)
 いつも水面近い内側で落とし方を見ていた時は際キープできていたので問題ないと思っていたのですが、どうもハリスの馴染ませ方が出来ていないようで、目印が沈み出すと次第に際から離れていってしまいます。
 高場と低場、これだけ落とし方が違ってたんですねぇ。(私のコーチが悪かった)
 「ありゃりゃ、それではエサが際をキープしてないでぇ、ちょっと竿貸してみぃ、エエかぁ、ちょっとしたテクニックやねんけど、こうしたら際キープできるから・・・」
 スライダー以外(タンク、パイプなどのエサの時)の場合、エサが際から離れる潮の時とか、アタリがなくて神経集中して落すことが面倒な時によくやるんですけど、目印を際にピッタリくっ付けてハリスを馴染ませてから目印を際から離して海面においていくことで簡単に際をキープできますね、目印使ってる皆さんも多分よくやってると思うんですけど、それを弟子に見せました。
 でも初めて落としたんで目印の通常の落ちるスピードが分からなくて「なんかこの目印、エライ遅く落ちよるなぁ」って言いながらも「な?こうしたら簡単に際キープできるやろ?」
 と弟子の頷く声を聞きながら仕掛けを上げてエサのイガイを見ると「なんやぁ、葉っぱみたいなん付いてるから落ちるんが遅かったんやなぁ」・・・で二人で笑ってました。
 が!イガイを手にとって見た弟子が「師匠〜!イガイが割られてまぁす!」
 デェ〜!葉っぱみたく見えたんはイガイの残骸かぁ!
 「アタリ、分からんかったんですかっ!グワシッってアワセ入れて釣ってくれたらカッコ良かったのにぃ〜」
 グスン、だって、ぜぇんぜぇん分かりませんもん、アタってたやなんで、嘘みたいやもん。。。
 引き込みもトマリもしてくれんで、遅く落ちるだけやなんて、それがアタリやなんて分からんも〜ん!(なんでいっつもこんなんなるん?)
 「み、見てみぃ〜!、チヌはちゃんとエサ喰うやろ、ささ、分かったら早よやってみぃ♪」
 ・・・・・ン〜ナイスですねぇ。。。
 先週のタモ入れ編?でもコヤツの飲み込みの速さには驚きましたが、ここでもコヤツはやってくれました。
 ものの数分私の教え通り際キープしながら落としていたら・・・竿が弧を描いておりましたぁ。
 もう満面の笑顔です。(オソロシイ奴じゃ!)
 一尾捕獲して携帯で写真を一枚。
 もう大丈夫やろと少し離れて釣りを再開しましたが、これまた電光石火!ちょっと弟子の様子を眺めていたらまたしても竿がしなっているではないかっ!
 こ、こりゃマズイ!もう2尾釣ってしまいやがった。。。
 早よ、弟子を切り離す4尾目を釣って落ち着こうと思ってエサを打ち込む、打ち込む、これまた打ち込む(先週と同じやぁ〜!)
 何故か糸の切れた凧みたいに集中力なくなってアタリが出なくなりましたぁ。
 集中力って大事やねんなぁ・・・学習してしまった。。。
 「そろそろ昼飯しよかぁ?」と弟子にも釣らせない作戦を強引強行、灯台オアシスにて気力回復に努めます。(性悪、姑息・・・私の代名詞、オホホホ)

 午後からは南西風が次第に強く吹き出し、外側は絶好の状況に変化、内側も波気良好になりますが依然スケ潮、季節風が濁りを運ぶ今の時期としては異例です。
 内側はアタリまったくナシ、外側もアタリわからずにイガイが潰されること数回、トマリアタリを見逃してしまったと思っていたら目印全部いっぺんに引き込んでしまうぐらいの強烈な引き込みで勝ってにハリ掛かりしてくれたチヌやんで4尾目、波で落ち着かないエサが誘いになったのか、引き込みアタリにてシメの5枚目の元気なチヌやんはタモいれにチョ〜もたつきながらも捕獲。
 弟子は「今日も負けたぁ!」と悔しがる・・・釣果2尾
 だからぁ、初心者にそうそう負けてられへんちゅうてんねんけどなぁ。
 負けず嫌いなんはヒジョーにヨロシイけどな・・・
 師匠に勝つ!だってぇ?(フッフッフ、鼻毛でフッ・・・じゃ!)

 十年早いっちゅうねん!!・・・イヤ言い過ぎたな、5年にするかな?マズイか?3年にしとこかなぁ?
 ・・・・・一年早いちゅうねん!(迫力ないなぁ・・・)


 *** 2006年7月30日(日) 場所:七防 ***

7月30日(日)  神戸七防

 「落とし込みの盛期は、いつなんですか!?」
 「もうスグもうスグって、もう8月ですよぅ。」
 話が違〜う!と、弟子が師匠をイジメルんですよね。
 いつもやったら7月の七防はな、もうメッチャ釣れてるはずやねん!!
 20年近く通ってる七防でもな、分からんことギョウサンあんねん。
 そりゃな、体形は普通とちゃうけどな、ワシ、半漁人でも妖怪でもないねん、ただのエロオヤジやねん。。。ンッ?
 だからな、ワシ・・・・性転換したり、口と喉にも歯があるような魚とちゃうねん!
 こんだけチヌやん追っかけてもな、話しした事もあれへんしぃ、もしもやで、もしもしゃべってくれたら、なんであんなパイプなんぞみたいなキモイもん喰うんか聞いてみたいし、なんでワシの落すエサだけ見向きもせぇへんのか具体的に伺ってみたいしやな、いっつもどのへんで集まっとんのか、それが何番の階段あたりなんか詳細に聞いてみたいでぇ。
 ・・・・ホンマ、アホの極みやろ、あんたの師匠は。。。。
 んなアホあいてにやな、そない攻めんといてグデ〜。

 狙うは満潮、その時刻は9時半
 今日こそ弟子にアタリ連発、爆釣り初体験させて上げたい一念で朝の満潮に竿を出せるよう、7時半の深江マリンに乗船。
 昼間は午前中の爆釣の疲れを癒すであろう?と、唯一日陰が出来る白灯台(一番)に陣を構えました。
 エサ採りも素早く済ませて、ジアイを逃さなないよう早々に竿を出しました。
 今週の晴天続きにも関わらず、内側はまだ水潮が残っていたのには驚きましたが、釣り始めてスグに浅ダナでトマリアタリにキキアワセにて小ぶりのチヌやんを一尾確保
 弟子釣れてくると先に釣っとかな、リズムがガタガタになりそうなので、ホッと一息。

 アタリを求めて西へ西へと歩を進めて、3番、4番、と外側、内側と落としてみても、なかなかアタリがなくて、満潮から下げへと時間が過ぎます。
 私は外側へ移って弟子は内側を落とし続けて同調の歩を進めながら、下げに入って潮が動き出したのを見て、弟子へそろそろアタリがあるでぇっと声を掛けた数分後、「きたぁ〜!」嬌声上げる弟子をギョッとして振り返ると竿が弧を描いていたのであります。
 落ち着いてやり取りしいやぁっと自分でも驚くほどに優しい言葉で声援を送りながら、ややもたつきながらもタモ入れに成功するまでの一部始終を観戦。
 45cmのタモ枠が、いっぱいになるぐらいの良型チヌやんで、7時半乗船は正解!でホッとします。
 あのな、ひとつだけ、ゆうとくけどな、チヌに空気吸わせてからタモ出したらエエねんで、今みたいにチヌがまだへばってないのにタモ持つからリール巻かれへんやろ?と師匠らしくアドバイスして素直に頷く弟子でありましたが、なんとなんと、エサを付け替えて再度釣り始めて電光石火!
 二尾目を、余裕のやり取りで、今度は空気吸わせて一発でタモ入れ成功。
 ゲゲッ!なんだぁ?嘘やろ?なんちゅう節操のないことしよんねん。
 そないスグにアドバイスを実践せんでエエちゅうねん!
 師匠なんてなぁ、いまだにタモでチヌ追いかけてぐずぐず時間かけてまうちゅうのにやな、おまぁ、飲み込みが早すぎるちゅうねん。
 いや、そんなタモ入れに感心してる場合とちゃうがな、これには焦った。。。
 威厳なんて微塵もない師匠は外側から急遽内側に移動、弟子の行く手を遮るようにその前にエサを打ち込む打ち込むこれまた打ち込む。
 前で竿を出す時は充分距離を開けて落としなさい、それがマナーじゃ、といつも教えておりますが、この際そんな事は目をつぶろうではないかっ!
 先にポイントを奪ってしまおうと必死で落すと、多分弟子にあったであろうアタリも奪い、「グワシッ!」「ドヤサッ!」とアワセ入れてチヌやん暴れ捲くらしての二尾目三尾目と弟子を追い抜く浅ましき師匠は・・・最高ですね。(オホホホ)
 二尾目を釣り上げた弟子の一言、「今日は師匠に勝ちます!」で鬼となった師匠の狂気騒乱ぶりは壮絶至極(四字熟語もメチャメチャ)。
 今年既に一回負けてますからね、そう何度も弟子に捻られてたまるもんかっ!

 灯台の影で2時間の休憩はこの時期、私の楽しみでもあります。
 東に武庫川一文字、その向こうに拡がる大阪の高層ビルを一望しながら、紫煙くゆらす憩いの一時。(健康の為、吸い過ぎに注意しましょうね、愛煙家の皆様)
 夕方のジアイを期待しながら午後の部へと日陰に決別、酷暑に身を投ずるのでありますが、これ結構キツイです(笑)

 さて、今日の七防の状況ですけど、内側は冒頭でご説明した通りの水潮でしたが、外側は濁りはありましたが、これがドロ濁り、魚の死骸がプカプカ流れてのニガ潮となっております。
 潮がドロっと重たくて目印がネットリ沈む、それでもたま〜にアタリはありましたが、夕方になると内外共にこれまたキツイ二枚潮となりました。
 もうこうなると私には手に負えないですね、上潮が東に滑るし、エサは西へと流れるしで、アタル気配ゼロです。
 そんな中、弟子が外側でハリス切れしてくれた(や〜い、ヘタクソ〜♪)のですが、キッチリ魚掛けてるのには末恐ろしさを感じました。
 なんとか師匠に並び、追い越そうとするその執念もさることながら、あの二枚潮で一度だけでもエサを食わせたのには驚きました。
 素質あるみたいやから、これからも落とし込みに精を出しなはれ、彼女に精を出すのもエエけどな(イッヒヒヒ・・・アカン、エロオヤジまたしてもた)

 5時半、迎えの渡船が見え出した頃にそんな二枚潮が緩み始めると、上層でピピッと目印に反応、アワセ入れましたがエサだけなくなりまして、まだ何投か出来ると思って再度エサを付け替えて落すと同じアタリがピピッと・・・素早く「グワシッ!」
 本日4尾目を仕留めて納竿。
 弟子はあのハリス切れを悔やみながら、打倒師匠の闘志叶わず、無念の釣果は・・・2尾。  フ〜、なんとかかんとか負けずにすみましたぁ。(つ、疲れる〜)

 まぁ、師匠とか弟子とか云って結構楽しんで遊んでますけど、私は彼に具体的には何も教えてません。
 何をどう教えて良いのか分からないし、何度も落とし続けて体験していって具体的な疑問が生じた時に向うから問われれば私の知る範囲内で説明していきたいと考えています。
 そして知ったかぶりして自分でもあやふやな事は教えないよう、正直にそれは分からないと答えたいと思っています。
 そして、誰でも良いから疑問に思ったことは聞いたら良いとも云ってます。
 私よりも丁寧に合理的な説明をしてくれる落とし込み師は、ここ七防には大勢いますから。

 でもね、釣り師としてのマナーだけは守りなさい。
 誰かが釣れてるからっていってもね、大急ぎでその人のスグ前方で落すような下品な釣りだけはしてはいけません。
 これは落とし込み師として恥べき行為ですからね。
 エッ?私?
 いやぁ、私はこのバアイ、仕方なかったのであります。
 師匠は常に弟子の先を行き、後ろから来る弟子を暖かく迎えると云う役目を背負わされているからねぇ♪(ク、苦しい〜)


 *** 2006年7月22日(土)、23日(日) 場所:七防 ***

7月22日(土)・23日(日)  神戸七防

 7月度・月例日。
 第一日目の22日。
 参加人数18名、賑わう検量風景。。。
 誰々様、何枚、総重量は〇〇・〇キログラ〜ム♪
 デジタル秤の数値読み上げますのは、私「イジケルおじさん」でありました。。。
 クソッ!アタリも分からんで釣れた一尾なんて、量るもんかぁ〜!
 な〜んやねん、アタリなんて一度もあれへんし、一度も「グワシッ」ってアワセいれてへんしぃ、釣れた魚もハリスが沈まんから仕掛け上げようとしたら掛かってただけやったしなぁ・・・オモロナイ釣りしてもうたゎ!
 それにしてもヒドイ水潮やのに、み〜んなよう釣ってるよなぁ(感心)
 早朝にジアイがあって、10時に七防に上った頃には既にアタリは遠のいていたみたいですけど、それでも昼からでも3〜4枚キッチリ釣果を出してるメンバーがいるので、何の言い訳も出来ませんね。
 ウ〜、先週のクラブ選手権で運を全て使い果たしてしまったみたいです。
 気合だけでは結果は出せませんね、でも今日は歩いて歩いて西の赤灯台近くまで落とし捲くり、とうとう梯子を降りる時には脚がつってロボットみたいに関節を曲げずに一段一段ソロリソロリと降りるほどでした。(誰も見てないやろな!)
 釣りして脚がつるって私ぐらいなもんでしょね、おっとぅ、釣りしてつる?これまたヒドイオヤジギャグになってますなぁ。(ナハハハ)

 さて、今回は明日の23日も釣行しますので、今日の釣果に焦りはありません。
 今日は、ある程度計画を持って落としてみましたが、ひとつだけヒントを得たので明日実行に移してみることにします。。。


 第二日目の23日。
 本日は7時半の渡船に乗る予定なので起床は6時。
 しかし朝の4時過ぎまで目が冴えてどうしても眠れません。
 釣りした日は爆睡するのがいつものことなのに、どうやら前日の悔しさが眠気を払いのけていたようです。
 前日のような、アタリを出せなかったのは釣果が出せない事以上に、反省が残りますね。

 アタリに反応したその瞬間がこの釣りの醍醐味ですから。

 今日は風がなくて昼頃まではベタ凪でした。
 相変わらずの水潮で内側外側共に白濁色、でも昨日も同じ条件で釣れていたので後は魚のいるポイントを探すだけです。
 って、それが一番難しいんですが・・・。
 午後からの水潮の色なんですが、午前中は内外とも同じような白濁りだったのが、内側だけ色が変わってくるんですね、これ昨日と一緒です。
 夕方は潮が上って風が吹くとかなりエエ感じに変化してくるのも昨日と一緒です。
 昨日も夕方に内側を重点的に攻めてみたのですが、どうも思惑通りにアタリが出なくて失敗しましたが、これは4番〜5番を攻めたのが原因ではないかと考えてみました。
 潮が上って晒し状態になるのは白灯台〜1番階段から始まります。
 これは東側の方が堤防が低くなっているのが理由なんですが、内側では当然チヌやんがイガイを食いだすのもここからのはずですよね。
 後は潮が横滑りしないことだけを願って、昼からはこのポイントだけをヒツコクヒツコク攻めてみようと眠れぬ前夜に決めました。
 外側を落として少し内側の様子を探る、魚の反応なしやとみるやまた外側で落す。
 出来るだけジアイがくるまでポイントを荒さないように、外側で落としてチョイ間内側の様子を探る、白灯台〜一番階段までを何往復と3時間ほどそんなことしてたんですが、やっと晒し状態が白灯台付近から始まりまして、内側で竿を出すと・・・ンッ?なんかヘンやと仕掛け上げてみると、見事にイガイがグチャグチャ
 予想的中!潮も横滑りしてませんし、スライダー釣法にはうってつけな時間帯到来です。

 晒し状態は東〜西へ広がりますので、私も同じように移動すればアタリを拾えると云う楽チンな釣りがその後続いて、49cm筆頭に5枚(4.76s)を仕留めました。
 ただ、アタリ連発とは行かなかったのが不満でしたが、私の技ではこんなもんでしょうね。
 スライダーが嵌る条件にピッタリな状態だったのに、まだまだアタリを出せないのは、全て技量の問題でスライダー使いの猛者なら二桁はぜったい釣っていて不思議ではなかったでしょう。
 私がスライダーに拘るのは、まだまだこの釣法に可能性があると思っているからです。

 極めてみたいんですよね・・・スライダー釣法を。。。

 なんか珍しく自分の釣りを熱く語ってしまいました。
 恥ずかしい〜。
 でも、いつも私の貧果を見て、スライダーって大した事ないと思われるのは残念なので、そこのところだけは誤解しないでほしいです。
 まだまだ自分の釣りを語れるほどには遠いですけど、そうなれるよう切磋琢磨致します。

 さて一応計画通りに釣果もソコソコ出せて良かったのですけど、どうも異次元の釣りしてた人がいましてねぇ。
 午前中に9枚、午後に4枚、〆て13枚(12.73s)!!!
 私の釣果が霞んで行く〜。。。
 妙技冴えわたる静かなる刺客、その名は・・・「ミスターMの旦那」なり〜。
 しかし、なんだろね、怖い人だね、この人は。。。
 恐れ入りやしたぁ〜、参りましたぁ〜、これで月例断然トップに躍り出ましたねぇ。
 イガイの繊維に引っ掛けての独特な釣法ですが、完全に自分の釣りにしているので、この釣り方では当クラブ随一です。

 二日間みっちりと釣り三昧、釣果には満足してませんが、久しぶりに計画練って行動出来、結果も出せました。
 でも改めて思い知らされましたが、黒鯛人で年間優勝するのがどれほど大変かと云うことです。
 皆、顔はにこやかですけどね、そりゃもう負けず嫌いの集団ですから、心の中は闘志満々なんですよね。
 ハッキリ云って、あんた達がコワイです。

 8月度月例までは、私は昼飯、昼寝、を存分に楽しむ釣りします。
 これだけは誰にも負けませんから、へタレ釣りしたいのならいつでも・・・
 「かかってらっしゃい!!!」


 *** 2006年7月15日(土) 場所:北港 ***

7月15日(土)  北港

 なせば成る!
 奇跡は二度舞い降りた!
 と言いつつ・・・もうマグレちゃうでぇ、マグレっちゅうのは一度だけの幸運を言うんや。
 二度も起これば、もうこれは・・・ジ・ツ・リョ・ク!ちゅうんやぁ〜(バンザ〜イ)
 ・・・・・こんな大口たたいて、ええんかなぁ。
 他のクラブの反感かって来年の標的なっても知らんぞ〜。
 でも来年になったら忘れてもうてるやろし、こんなしょーもない私の呟きのページなんて内のクラブ員ぐらいしか読んどらんからエエかぁ(笑)
 いやぁ〜、ホンマ、もう、最高に嬉しい〜!!!
 連覇じゃ、連覇じゃ、連覇じゃ〜!!!

 本日、北港にて「第7回・全国黒鯛落とし込みクラブ対抗選手権大会」が行われました。

 昨年マグレで優勝して念願かないましたが、前年覇者としてのプレッシャーを感じつつ、今年もなんとか上位入賞を目指して全員がクラブに貢献するために炎天下のもと、竿を出しました。
 冒頭でハシャギ過ぎましたけど、この大会には名人・達人居並ぶクラブチームが多く参戦し、連覇なんて恐れ多くて口に出せませんでした。
 ただ、前年覇者としてあまり不細工な結果にだけはならないようにと云うのが、当クラブ員の共通した想いだったでしょう。
 そしてヘッポコ釣り師「五頭身の男前」の私も少しはこの連覇に貢献できたことがより一層嬉しかったです。
 ではチョッピリ自慢の釣行記、ここに延々始まります。

 暑い、熱い、アツイ北港の一日。
 帽子の庇からはポタポタと汗が滴り落ち、既に梅雨明けと思える夏の猛暑到来、かなりキツイ釣りでした。
 昨年、この大会以来一度も来ていなかったので、丁度一年ぶりの北港です。
 この日のために、苦手なスリットで何度か竿を出してスリットを攻略したかったのですが、脚が向くのはやっぱりホームグランドの神戸七防、週一回の釣りもままならないので無理してスリット攻略せんでもエエかなぁと思っていたら、結局一度も行けませんでした。
 さて、前日まではスリットよりも釣りやすい桟橋をポイントにしようと思っていたのですが、ここ2〜3日、桟橋の状況がかなり悪かったとの情報が入り、昨年の大会で2尾釣った西向きスリット(1番コーナー)にポイントを変更しました。
 なにしろ自分の体験からしてここしか選べなかったのが実情でした。

 エサはイガイのツブ、ここでもスライダー釣法、使うサイズは伊勢尼7号バリにあわせて小さめのイガイです。
 ハリスは1.25号、目印は一度も使用していない降ろし立ての自作「極み・迷人スペシャル」3mを2.5mにカットして浅ダナだけを攻めて、手返し良く落とし捲くる作戦としました。
 気構えだけは整えましての釣り開始です。
 開始早々に外側で引き込みアタリ!
 「どやさっ!」とアワセるとガッチリ針掛かり、内側に逃げようとスリット目掛けて突っ走るのを竿で溜め、その重量感にニンマリしながらやり取りしてると急にフッと力が抜けてしまいました。
 「アッチャ〜」一発目からハリス切れかよ〜、参ったなぁっと仕掛けを上げると目印がないんですよねぇ。
 なんと目印と道糸の連結部分が道糸側で切れてましたぁ。(今年二度目ですぅ)
 一発目のトラブル・・・最悪のスタートです。
 それに、新品の目印が・・・ウゥ、もったいない!

 何度も使ってヨレヨレになってる目印を付け替えて、とにかくチヌをかけたのですから同じ外側だけを狙って攻めてみると、またまた矢引きで引き込みアタリ、今度はハリにものせられません。
 でもアタリがあるのは気配良好、こりゃ釣れますぜ、手返しあるのみ。
 ヒトヒロで目印が沈まないのでキキアワセると魚の手応え、親切なチヌやんでスリットに向わず沖に逃げてくれてなんなくタモ入れ成功、サイズは35センチ程度でしたが、まずは一尾捕獲です。
 やっぱり釣れるや〜ん、ボーズを逃れて後は二尾三尾と追加するだけなのであります!

 4度目5度目とアタリが続き、引き込む目印に反応遅く2回目3回目とハリ掛かり失敗。
 いつものこととて、我焦り無し!
 6度目のアタリは止まりというより、目印が沈まないので得意?のキキアワセでまたまた魚の反応、今度はかなり元気でイジワルなチヌ、内側に逃げてあろうことかスリットをすり抜けてしまってほぼ観念しましたが、竿を溜めて耐えていると、なんとか外側に出てきてくれて捕獲
 ハリスがクタクタになってたのを見て、幸運に感謝しました。
 ここまでで午後の2時半、その後まだ続くと思っていたアタリがピッタリと止んで、こうなると暑さを一層感じてしまい、暫く休憩を挟んで4時から再スタート。
 これまた早々に7度目のアタリは目印が沈まないのでキキアワセ、三尾となると余裕が出来て、かなり強引にチヌを浮かせてチョチョイとタモ入れ成功〜
 まだ2時間弱の残り時間、もっと追加してミラクルに自慢してやろうと邪心がでるとアタリが止まる・・・摩訶不思議。
 6時が終了なので、魚かけて取り込むまで2分と計算、5時58分まで集中して落すも、その後一度のアタリもないまま、納竿となりました。
 結果、3枚(2.7sぐらい)の釣果は全体的に厳しい状況だった事を考慮すれば充分満足です。
 ちゅうか、私の場合、完全にマグレです!!!

 優勝した総重量(上位5人の合計)は15s余り一人平均3sなので、私の釣果が貢献できたようなので、メッチャ嬉しいです。

 個人の部でも3位に初参加のハマちゃん5位に6回目参加のバラシの達人さんと両名が表彰されました。
 特にバラシの達人さんは毎回このニックネームの通り、バラシが多かったり、ストリンガーを外す時にチヌを海に落したりとトラブル続きで反省ばかりしていたので、この入賞はホントに悦んでいましたね。
 おめでとうございます!

 クラブ戦の部、準優勝はこの大会を主催して頂いています「東京・黒友会」さんでした。

 毎年、運営のご苦労がある中での釣りですが、これだけの成果を上げられるのは流石の一言です。
 3位になられた「落南会」さん、会長の斉藤さんが見事な年無し(56.3cm)を上げていましたが、いくつもの大会でもデカチヌを釣ってしまうのには恐れ入ります。

 この大会も年々大きくなって歴史を刻んできましたが、この先10年、20年と続くことを願っています。
 いつもお世話になり、ありがとうございます。
 おっと、この言葉を忘れるトコでしたね。
 「優勝カップが箱根の山から東へ越さなかった奇跡の日」
 その栄誉あるカップをまた一年間保管しますは・・・
 「神戸七防・黒鯛人」と申します〜♪


 *** 2006年6月18日(日) 場所:七防 ***

6月18日(日)  神戸七防

 シブイ。。。
 アタリがさぁ、ホ〜ンマ渋いねんなぁ。。。
 4〜50cmあたりで食いついてくるみたいやねんけど、アタリが出せんねんなぁ。
 イガイ確認したら割られてたり、エサだけ取られてたりで、午前中は悶々としながらも

 なんとか2尾を仕留めることは出来ましたけど、4〜5枚は確実にかけておかなアカン状況やったなぁと昼飯食いながら悔いる・・・とオヤジギャク一発お見舞いじゃ!(ナハハハ)

 三週間ぶりの釣行です。
 曇天、南西風、ややドロ濁りで、二枚潮。
 広い七防の白灯台〜3番まで、深江マリン渡船で渡った6名の落とし込み師のみ。
 こんなエエ釣り場やのに、何故か七防は人気がないのはどうしてなんでしょうね。
 お隣の武庫川一文字なんて、イカ釣りのお客さんで、防波堤が沈んでしまうほどの大人気なのになぁ(笑)
 落とし込み師にとっては天国みたいな釣り場ですよね、魚も何のプレッシャーもかかってないはずなんやけど、鮮明なアタリが出んのは何故?
 近年アタリが渋くなってきてるように感じているのは、十数年のベテラン諸氏の共通するご意見ですが、やはり魚にも学習能力ちゅうのんがあるんでしょうか?
 あまり釣り人が入っていない釣り場でのアタリは、私がこの釣りを始めた頃のように、誰でも取れるような猛烈なアタリがでるそうなので、釣り人が常に入っている場所では危機を察知する能力はあるんでしょうね。
 釣り人で混み合った日でも、条件が揃った日には比較的鮮明なアタリが連発するのですから、一概に学習能力を常に発揮しているとは言えないですよね。
 ・・・まぁ、アタリが渋い一日だったからチョッと考えてみましたけど、私は何事もジックリ?考え一応答えを出そうと苦心するのですが、本来の怠け病が妨げてしまうようで、中途半端に思考を停止してしまいます。
 早い話が、今日のアタリが渋かった原因は、潮が悪かったちゅうことにしときましょ。
 でもこの『潮が悪かった』との言い訳は、釣り人にとってはジョーカーのような切り札で、釣れなかった日にこう言われると何故か皆さん納得してしまいますよね(笑)。

 午前中は2尾、昨日は夕方にジアイがあったとの情報もあって、期待を持ってジアイに待機しておりましたが、5時過ぎに、本日唯一の鮮明な引き込みアタリで一尾追加して終わってしまいました。
 本日の釣果・・・3枚(最大46cm)エサはイガイのツブ(大きさは1.5〜2cm


 さて同行の弟子はといえば、午前中アタリが一度もなかったそうで、「なんで自分だけアタリないんでしょうか?」ってボヤいてましたけど、師匠の私でもアワセ入れられんアタリばっかりやのに、まだ落とし込みを始めて2尾しか釣っとらんペーペーにアタリなんて取れる訳ないちゅうねん!・・・とは心の中、「まだ時間はあるから。きっと釣れるから。」と励ますので有ります。
 弟子の落とし方を見ていると別段どこが悪いともいえず、遜色ない落とし方はできてると思います。
 推測ではありますが、今日のような渋いアタリをアタリとして認識できていないのでしょう。(と、人の事言えないですけどねぇ)
 イガイは、チヌが吸い込んでもその痕跡を残さない場合がしばしばある(実際イガイが割られずにチヌの口の中にスッポリはまって釣れる場合が良くありますもんね)ので、この渋いアタリに反応するか否かで釣果にかなりの差が出ます。
 だから、もう釣るしかないんですよね、自分で体感しなけりゃ、どうしようもないです。

 でも渋い日に一尾でも釣ってしまうのだから、上出来です。

 今日もかなりのアタリをアワセ損なってしまいました。
 一瞬の反応の遅れがアワセをためらわせてしまいました。
 ホント、毎回毎回同じ反省の繰り返しですね。
 こんな日に釣りすると今度こそ自信を持ってアワセを入れてやろうと次回釣行に決意するのですけど、一週間もするともうそんな反省は忘れてしまって、船に揺られて七防へ行く私はルンルン気分です。
 チヌにはあるのに私にないのは・・・・・やっぱ『学習能力』なんでしょうねぇ。。。(泣)


 *** 2006年5月28日(日) 場所:七防 ***

5月28日(日)  神戸七防

 毎日納期に追い捲られて帰宅はほとんど午前様、徹夜仕事も間に挟み、そんな丑三つ時には誰もいない部屋なのに背後に人の気配を感じ、そっと振り返るとそこにはキレイなネェチャンが・・・いてるわけおまへんねんけど、午前2時を廻ると何だか気配を感じるのは疲れがピークに入るためか、霊を引き寄せてしまうようです。
 私は霊感なんて全くないんですけどね、ただ一度だけ金縛りにあっておじさんの霊に添い寝をされたことがありました。
 たしか50時間ぶっ続けでマージャンした後に寝間に潜り込んだ時でした。
 どうせ添い寝してくれるんやったら、やっぱキレイなオネェチャンにしてくれりゃエエのにぃっと霊界に文句のひとつも言ってやりたかったなぁ。

 本日は5月度・例会日。
 レイカイちゅうことで、ふと思い出した20年ほどの昔、ホントにあったお話しを枕詞と致しましたが、今でも私はあの布団に潜り込んできたおじさんの温もりを憶えています。(キショイ!)
 が、やっぱり疲れて幻覚をみてたんでしょうか?(因みに釣りとは全く関係ないですけど)

 さて先週はアタリもない完全ボーズ、リベンジとは申しませんが今日は気合充実、今年は例会だけは気合入れて望むべし!との誓いを起てております。
 リベンジなんてこと言ってたら、毎回の釣行がその対象になってしまう訳で、今日のリベンジは来週に、来週のリベンジは来来週にと、延々リベンジだらけになってしまいます(笑)

 今日のエサはイガイだけで通す事に決めて、エサ箱にはイガイのツブ、釣法はご存知スライダー也。
 毎年、イガイを使える季節になると私の落とし込み本番となりますが、イガイを使えるだけで嬉しくなります。
 支度を整えて、釣り始めると早くも一尾捕獲。(33センチ0.6s
 アタリ・・・分からず。。。
 2ヒロあたりで仕掛けが沈まないので何も考えず引き上げようとしたら、チヌがハリに掛かってたぁ。
 アタリもないのに釣ってしまうのが迷人流、落とし込みの極みであります!
 ・・・早い話がトマリアタリをアタリと認識できんかっただけであります!(ポリポリ)

 午前中のアタリ?はそれだけで気力温存のために休憩時間を長めに取って、楽しみにしている睡眠もとらず、各ポイントに散って行ったメンバーとの情報収集。
 私の月例に懸ける意気込みも分かろうというものでございます。
 中でもクロさんが3枚のチヌをぶら下げて戻ってきたので、詳細を聞いてみると、エサは私よりも大きめのイガイで年無しを含む良型のチヌを釣っていたので、午後からは大きめのイガイに換えて攻めてみました。
 3時頃、ハリスが沈んだ直後、ビューと目印が走り、間髪入れずにアワセるのですが一瞬の手応えを残してハリ外れ。
 近くにいたミスターMの旦那に「今、ビューってアタリありましたよ〜、スグにバレましたけど」・・・ぐやじい〜っと独り言を聞こえるように呟きながら、落としていると今度はトマリアタリ!同じテツは踏まずと確信のアワセをグワシっと入れるとまずまずの重量感!左に右に振り回されて、観念することもない元気なコヤツは沖へと進路変更、結構道糸出してしまって寄せるのに時間タップリかかりました。
 軍配は何とか私に上がり、疲れ知らずのチヌやんをやっとこさ捕獲。(47cm1.59s
 それから5時過ぎにビューって引き込むアタリが2回、いずれもハリ外れで逃がしてしまいました。
 都合、トマリアタリ1回、引き込みアタリ3回、トマリやったんちゃうん?アタリ1回。。。

 月例検量結果・・・2.19s(釣果2尾にて)。

 今月例のトップはクロさん(3.76s)で、最長寸の部でのトップとなる50.7cmの年無しも釣り上げました。
 クロさん、おめでとう!!

 七防は昨年イガイの着きが最悪でしたが、今年は逆に早くから着き過ぎて既にダンゴよりもツブで使える大きさに育って来ています。
 「イガイで爆釣!」が例年よりも早い時期に訪れる予感がヒシヒシと・・・。
 例会で霊界話、予感と言う予言にて〆としましょう。

 ただしぃ、私の第六感ちゅうのはホンマ当りまへんでぇ。
 競馬やってて、イヤちゅうほど思い知らされてますからね、合理的な思考も最終的に決断するのは右脳司る感覚ちゅうやつです。
 だからこそ、釣りでは自然の摂理と融合して感覚を研ぎ澄ませて感じることを大切にしたいですね。
 本日、東京優駿・日本ダービーは、正しく決断した感覚がビンゴして的中しました。
 でも今日の釣りでは・・・アタリをアタリとして認識できなかった鈍感さを反省します。

 日々、これ反省。
 競馬も釣りもまだまだマグレアタリが多すぎますから〜。。。


 *** 2006年5月21日(日) 場所:七防 ***

5月21日(日)  神戸七防

 例年ならこの五月、神戸港の落とし込みは小休止状態に入るはずですが、今年はどうもその慣例が当て嵌まらないようです。
 二桁の情報も平日ではありますが入ってきています。
 あの変人I氏も釣行のたびに数枚の釣果を上げていて、それが平日といえどもネクラ五月の釣果ですので、驚いてしまいます。
 既に20年近くの七防詣でを重ねてきていますが、このような現象は見聞きしたことがなく、何が原因で大海原にこんな摩訶不思議な現象が起こっているのやら。。。
 そんな原因究明はどこぞの頭脳明晰なる御仁にお任せすると致しまして、釣り人には大変有り難いことですよね。
 ネクラ五月は落とし込みなどしないで別な遊びに手を出して、想定外の出費におののくこともなくなりますから(笑)
 それでも前日、前々日の雨から察するに、今日の釣行は見合わせようかと思案していたんですけど、弟子が張り切ってまして天気も良いので「行かねばなりませぬぞ〜お師匠様〜」とおねだりされて、連日のストレスも溜まりに溜まって仕事してても集中力欠如、ここらで海でも観てノンビリしてみっかとの釣行にあいなりました。

 七防に上ってみると予想通りの水潮。。。
 う〜こりゃ厳しいなぁ・・・毎度ネガティブな予想は見事に当たるのが私の自慢でありますがこの日もその例に漏れずでありました。
 午前中は比較的水潮の色合いがましな内側で落としていきましたが、アタリ無し。
 5月に入って夕方にプチなジアイが現れているようなので、その時間帯に唯一の望みを託して昼飯を食べ終わると同時に睡眠も貪る、七防三大悦楽の二つを楽しみます。
 残る悦楽は当然釣ることにありますが、快眠より目覚めますると既に3時を廻っていよいよ期待の時間帯。
 エサは今年初めて使うイガイのツブ、私の大好きなエサでの落とし込みで期待感いっぱいで投じて行くのですが・・・。
 午後からは皆とは逆の方向へ一人進んでしまったのが裏目と出たようで、何の変化も現れない目印を空しく眺めて残る悦楽に浸ることなく納竿となりました。。。ハァ〜。

 弟子と昼飯食べながら、今日は厳しいぞ、アタリないでぇ〜って水潮の影響はかくがくしかじかと説明していたら誰かが竿を曲げ出してね、アタリないでぇ〜って言ってた私の立場ちゅうもんを脆くも崩してくれたのが、ミスターMの旦那!
 夕方にはプチジアイを捉えて45cmほどのグラマーなチヌを追加、なんと私の大好きなイガイで釣ってしまいはったんですわぁぁぁぁぁ。
 2回のアタリで2尾の釣果、確率100%!やっぱ今年も凄い人に変わりはなかった。。。


 さて変態F兄弟の本日の対象生物はスルメイカでありまして、エサのキビナゴよりも小さいイカを二人で65杯、弟のケンちゃんは帰るなりあのグラマーな奥様と二人で美味しく食べたそうですけど、ハイハイどうぞどうぞ勝手に仲良くやって下さいましぃ。
 イカん、中年オヤジの嫉妬が入った(笑)
 そんなイカ釣りを暫く見物していましたが、釣り上げた光景はイカでキビナゴを釣ってるように見えてしまった(笑)
 で、兄ヤンのほうはイカ釣りの合間に落とし込みしてて、私の大好きなイガイで一尾釣ってしまっておいでやしたなぁぁぁぁぁ。

 私、本日アタリ無し!!!
 イカ釣りの合間にチョチョイと釣っちゃう人もいたしぃ、アタリ数回あったけど釣れなかった人もいたしぃ、2回のアタリで2尾釣っちゃう人もいたしぃ、グラマーな奥さんとイカ喰っちゃう人もいた。。。
 弟子も・・・アタリ無し!!!
 天気も良かったんで結構寝れましたねって上機嫌な弟子の笑顔。
 ヤバイ、既に七防三大悦楽である昼飯と昼寝だけは会得してしまっているのがかなりヤバイ。
 落とし込みの悦びをまず最初に教えねばならないのにコヤツは入り口を間違えやがったんちゃうやろかぁ。。。ハハハ。

 さてストレスの方ですが、見事に解消したようで今は頭がスッキリしています。
 天候には恵まれて暑くもなく寒くもなく、ベトつかずサラサラとした感覚が残っています。
 程よき疲れを湯船に残して快眠をまたしても貪る身支度を済ませました。
 せめて夢だけは残してきた悦楽なる爆釣を観させてもらいましょう。
 それともグラマーな美女とのイカ料理に舌鼓など打たせてもらいましょうか?
 そっちの方がエエンちゃうの〜♪(ゲヘッゲヘッゲヘッ)
 早よ寝よっと・・・ルンルン♪


 *** 2006年4月30日(日) 場所:七防 ***

4月30日(日)  神戸七防

 今日は楽しい楽しいバーべキュー♪
 24人のクラブ員、当然オヤジとオヤジ予備軍の野郎だけのバーべキュー♪
 そこにはソプラノで笑うオネーチャンは一人もいないけど、それでも楽しい楽しいバーベキュー♪
 炭火で焼くのはお馴染みの焼肉と焼きソバなれど、つい先日、オネェチャンから誕生日を祝えと、半強制的に奢らされたステーキの深い驚きを受けたその美味さに匹敵するほどの味覚でありました。
 空は時より太陽が顔を覗かせる薄曇、風穏やか、ミラクルの用意してくれた肉は極上の特上・・・を買いたかったそうですが予算が届かず、とあるスーパーにての高額であった肉ではありましたが、ホンマ美味しかったなぁ。
 前日、ミラクルという旦那さんが釣りに呆けていたのに、奥様がわざわざ足を運んでくれたそうでありまして、なんと優しく美しい奥様でありましょうか!
 旦那が釣りしてたちゅうのに、我々の為にご尽力下さいましてクラブ員一同お礼申し上げます。
 来年は旦那自ら購入してくれるとは思うのですけど、そこはそれ、ミラクルのことゆえまたしても奥様にお手数おかけするやもとの一抹の懸念は拭い去ることなど出来ませぬゆえ、来年もヨロシクと先にお願い申し上げる事、お許し下さい。

 焼きソバ担当は名手K様、釣りの腕は既に大阪湾にその名を轟かすほどの凄腕なのですが、焼きソバ作らせても凄腕なのには驚きましたね。
 かの焼きソバの名手、パティシェ・ルーキーにも劣らぬ手際の良さ、お主出来るな!

 しかしこのオヤジ連中のヨ〜食う事!
 こんな中年見たことないっすね、焼肉なんて半生でも箸が網の上で喧嘩するほどの壮絶さで、見る見る無くなって行くのには呆れてしまいます。
 腹が満腹になっても、どこからかチヌ釣って焼いて食おうって声が・・・おいおいまだ喰うんかいっ!
 内のクラブでは本来バリバリの30代が目立たんはずやな、若手よ頭が高い〜「団塊の世代ここにあり!」であります。
 この連中は若い頃から芋の子を洗うような世界で凌ぎを削って来た猛者だけに、食欲旺盛、釣り欲旺盛、たぶん性欲も・・・・・勝てん!
 私は団塊の世代から遅れる事10年近くでありますので、この先輩達には毎度驚きしかございません。

 さて話は前後致しますが、本日はメインはバーベキューではありますが、食前の運動がてら、梯子の設置と防波堤の清掃を行いました。
 釣り場を美しく安全に保つ事で、より楽しい一日を過ごせますからね。
 釣りも一応やりましたので、チョッとだけ触れておきましょう。
 2時間ほど竿を出してはみましたが、アタリありませんでした。
 波気良好、濁り良好、潮も適度に動いていたし、ボラも跳ねていたのにチヌはいませんでした。
 ハッキリ言ってかなりエエ感じな状況でありましたが、アタリありませんでした。(ハハハ)
 ケンちゃんでも釣れるぐらいのエエ条件やったんですけどアタリありませんでした(ウゥ)

 クラブ員は皆釣ってましたけど、私だけアタリが出ませんでした(ヒツコイ系健在です)

 でもタメ息だけは出ましたぁ(ガハハハ)
 でも驚きませんでした、いつもの事やから(エヘッ)

 例年ならこの時期は既に産卵期突入してるはずですけど、映画産業が命名した「ゴールデンウィーク」なるこの期間もソコソコ釣れそうですから、お時間ある方はどうぞ神戸の海においでやす。

 さて驚きと言えば本日の天皇賞。
 競馬を知らない人でもこの馬だけは知ってるちゅうほどの名馬「ディープインパクト」の豪脚、正にペガサスの如く、翼を拡げて第三コーナーから飛んできましたね。
 ありゃ走ってませんね、飛んでます!

 深い衝撃・・・団塊の世代の食欲と鬼脚の名馬にディープなインパクトを受けた一日は馬券ゲットで安息を迎えました。  三連単・・・7−11−1(配当金は4300円也
 これでオネェチャンに奢ったステーキ代が浮いたのがとっても嬉しかった・・・
 暴露しますが、ギャンブラーの本質は「せこい」のであります!
 してみると私の性格は「ヒツコクてセコイ」・・・落ち込むなぁ。。。
 で趣味が「落ち込む釣り」ってか!(苦しい〜)・・・オチにもなってない・・・やっぱ落ち込むなぁ。。。

 まぁチヌはゲット出来なかったけど馬券ゲット出来たから良かったかな、最高に美味しい昼食も食べられたしね、仕事仕事の毎日でもこんな一日があればまた週明けから頑張れます。
 皆さん、楽しい一日をアリガトウ。


 *** 2006年4月22日(土) 場所:七防 ***

4月22日(土)  神戸七防

 やられましたぁ。。。
 師匠ボーズ!弟子一尾♪
 いつかはやられるとは思っていましたが、こんなに早くその時が来るとは!
 まぁ、帰りの車中は弟子のワンマンショーでやかましいのなんのって・・・。
 桜が気の毒になるほどの狂喜乱舞の大宴会が、毎夜繰り広げられる桜満開の季節はもうとうに過ぎ去って、葉桜となった木々にやっと平穏な日々が訪れたというのに、弟子は正しく狂喜の満開状態でありました。

 我弟子曰く 「イメージトレーニングを何ヶ月もしてきた成果です!」
 かの弟子曰く 「厳しい状況だったのでポイントはアソコが一番と予想してました!」
 あの弟子曰く 「トマリあたりを確信を持って思いっきりアワセ入れました!」
 その弟子曰く 「イメージトレのおかげで冷静なやり取りができました!」
 かなたの師匠は答えたもうた 「フ〜〜〜〜〜ン」

 本日は10時の神戸渡船にて七防へ渡りました。
 東の赤灯付近が船着き場で、先に別の渡船で渡っていたオコゼさんに状況を聞いてみるとアタリは10数回あったそうで2尾は仕留めたそうですが、私たちが七防へ到着したころからは全くアタリがなくなったとの事でした。(オコゼさんは昼から一尾追加で都合3枚の釣果でした)
 う〜む、いつものパターンじゃ。。。
 でも、アタリもない!なんて知らされるよりは雲泥の差ですよね、夕方のジアイがあるかもしれないし、希望はあります。

 曇天、微風、水潮気味でも濁り有り、そしてやっぱり二枚潮。
 上潮は西、下潮は東、この東へ流れる潮がきつくて仕掛けを上げるとあらぬ方向からエサが上ってきます。
 カーブ付近ではこの潮が一定ではなくて、二枚潮が穏やかなポイントがところどころにあって潮が一定していません。
 穏やかなポイントになると目印が釣れるぞ〜釣れるぞ〜と囁くように綺麗に落ちていくので、こっちはワクワクしながら身構えて目印凝視!
 囁くだけで目印は一向に反応致しませんで、そんな事を2〜3時間も繰り返していれば流石に今日の状況は把握できる訳で、その間一度たりともアタリはありません。
 一度だけトマリあたりにアワセ入れましたが手応えなんて全くなく空振り、エサのパイプは半分になってはいましたが、これってアタってたんでしょうかね?

 弟子を連れてきた時はなんでこんな釣れない日ばっかりなんかなぁ、と昨年からの巡り合わせの悪さに思わず愚痴りたくなりますが、良く良く考えると昨年の私は運に見放されて実力だけの釣りしてましたから、釣れないのは必至(ガハハハ)。
 そんな貧相な釣りばかりしていた時に弟子を同行していたので、不運だけは乗り移ってしまったようです(ドハハハ)。

 昼食時に弟子には、こんな状況の時はドンドン探ってとにかく歩けと落とし込みの常道をアドバイス。
 昼寝を終えた師匠の私は、そんなんしんどいから500mほどの区間を行ったり来たりしてました。
 迎えの便は5時40分ぐらいとの事でしたので、5時半までは竿を出そうとアタリもないのに延々と落すのですが、目印には何の変化もありません。
 4時半ぐらいに弟子から、「全然アタリないんですけど、そっちはアタリありますかぁ?」って遥かかなたに見えなくなった弟子からのメールに、「そんなもんはナイ!」「後一時間、頑張れ!」と返信。
 ・・・迎船の時間は刻々と迫ってくるのに、見聞録でものたまうつもりか?マルコポーロじゃあるまいに東方へととにかく歩いていった弟子がまだ戻らんし、やきもきしだした5時20分頃に、「釣りましたぁ!!!」とのメール。
 「ゲゲッ・・・ウッソ〜!マジっすかぁ!」心穏やかではありませんでしたがとにかく目出度いので電話でおめでとうと一言。
 師匠 「ところで今ドコにおるん?もうすぐ船が来るよ〜」
 弟子 「白灯です!」
 師匠 「アハハ、シロトウ〜やてぇ〜・・・ダッシュで帰って来い〜!!!」

 後で聞くところによるとアタリのない時は防波堤の端っこ、コバまわりを攻めると釣れるよって昨年チョッと話していたことを憶えていたそうで、そこなら釣れるって信じて歩いたそうです。でポイントはアソコしかないってことになったそうです。

 でも迎船場所には4km近くあるんですけど〜!!!
 迎えの船の時間には20分もないんですけど〜!!!
 チョッとした市民マラソンとちゃうかぁ?この距離は!!!

 船長に頭下げて向かえに行ってもらって、息も絶え絶えに戻ってきた弟子を無事捕獲(笑)

 ホンマ、おもろいやっちゃ。
 まぁ、今回は大目にみましょう。
 次回からは納竿の時間内に釣って下さいね、お弟子さま。

 改めて格言が身に沁みた一日でしたね。
 「落とし込みは足で釣れ」ですね。
 くしくも我弟子が、この教訓を身を持って教えてくれました。

 でもなぁ、こりゃエライ事ですよ、弟子と来た日にゃ、おちおち昼寝も出来ませんね。

 気が付いたら先を越されて・・・。
 どっかで聞いたようなお話しでございますね。

 それでは皆様、「うさぎとかめ」のお話、本日はこれにてお開きと致しまするぅ。。。


 *** 2006年4月8日(土) 場所:七防 ***

4月8日(土)  神戸七防

 右腕が悲鳴を上げています。
 竿を握り締め過ぎて痛いんです。(ヘンな妄想はしないで下さい!)
 もう、釣れ捲くってね、腕がパンパンになってしまって・・・ワッハハハ。
 私の鼻がピノキオのように伸びてイク〜(またまたヘンな妄想はしないで下さい!)

 イカンなぁ〜、年々エロオヤジ度が増しとるの〜。  腕がパンパンになって痛いのは本当ですけど、まぁ〜風の強かったこと!
 朝から夕方まで、白波が立つほどの西風が、よう飽きもせんと吹き続けてくれまして、竿が重たくて重たくて風に負けまいとして一日中ギュっと握り締めてりゃ腕もパンパンになるし、痛くもなるし、今は痺れと虚脱感が。。。

 4月度月例日。
 「打倒ミラクル」を旗印に今日も私はヤル気満々で深江マリンは7時半の渡船にて七防に渡ります。
 前日、変人I氏がアタリ連発バラシ連発だったけど、たったの7枚しか釣れなかったとの情報があったカーブ付近にポイントを定めて東へと歩を進めて行くこととしました。
 「たったの7枚しか」ですってぇ!その上「バラシがなければ20枚は釣れていた」ですってぇ!
 本人が豪語?してまして最近絶好調でコヤツもピノキオの鼻を持つオヤジなのかも知れませぬ(笑)

 ウ〜ム、風が強いのが気になるけど適度に波もあるからソコソコ釣れるやろうと所々探りながら落として行きますがアタリもないし、期待していたほどの状況ではないようです。
 途中、さつま渡船で6時の便にて先入していたミラクルのストリンガーを発見!
 ストリンガーからチヌを外してやろうとロープを引っ張り上げてみると既に3枚・・・

 チャウがな、チャウがな、なんでこんな身の破滅になるような恐ろしいジョークが出てしまうんでしょ?
 実は探っていたら目印が横に引っ張られるようなアタリがあって瞬時にアワセ入れますとミラクルのロープを釣ってしまったのでそれを外すついでに何枚釣っとんのやろって確認したらデカチヌ一尾と小ぶりのチヌ二尾が繋がっていたんです。
 でその後ミラクルに会った時に結構釣ってるみたいですねって言うとロープ引っ張り上げて確認したん?と聞かれたので、と、と、とんでもございません!そんな事してませんって・・・・・鼻が伸びる〜!

 既に3枚・・・ヤパイ!こりゃ気を引締めてかからんとコテンパンにやっつけられるぞ、何しろ前回「打倒ミラクル」なんて大口叩いたからなぁ・・・怖いよ〜。
 アタリがなく焦る気持ちを抑えながらとにかくカーブ付近まで落として行きますと11時ごろに10〜20分間ほどのジアイに遭遇。
 止まりアタリや引き込みが数回あるもこの強風の為に微妙なアタリに反応が鈍くなって一瞬の感触を残して針掛かりしません。
 やっと穂先を押さえるアタリでなんとか一尾、検量0.96s。。。
 強風なので最後の目印が沈むのと当時に竿先を海中に突っ込み穂先を抑えるアタリをとるようにしたのが正解だったようですが、こんなアタリがその後2回もあったのに、これまたハリ掛かりさせることができなかったのが本日唯一の反省点です。

 短いジアイが過ぎるとチヌは沈黙、クラゲを眺め、ボラの大群に感嘆しながらも、これが全部チヌやったらタモで掬うて、「カーブ付近は爆釣やったでぇ、ストリンガーが足らんから戻ってきたでぇ」って凱旋出来たんやけどなぁ。。。
 (ボラ見て大ボラ吹いてみました・・・鼻が伸びる〜)

 一尾のチヌやんぶら下げて3番まで戻るのですが、ホンマ帰りの長いこと、例会やなかったら絶対に歩かん距離ですよ、まぁ長い距離をたくさんのチヌをぶら下げて戻るのはシンドイので一尾で・・・ヨカッタヨカッタ♪アハハのハァ。

 3番で休憩しているとタモ枠忘れて七防へ渡った変態F兄弟のケンちゃんが(タモ枠だけ忘れてアンタどうすんのっ!)変態F兄弟の兄やんに電話で渡船屋に持って来てもらってそれを味方さんに変態F兄弟の兄やんが渡して、そのタモ枠を味方さんから手渡して貰って、ことなきを得た変態F兄弟のケンちゃんが(エエイッ、ややこしい!)。。。
 そのケンちゃんが休憩している数名の目の前でめったに使わない天明竿を大きくしならせてバラセバラセの大声援の中、見事ことなきを得たタモ枠にて捕獲!
 年無し?の期待も48.8cmでしたが、午後からのアタリのない中その後も2枚追加して合計3枚の釣果はお見事でした!
 「打倒・迷人」を目標にしますって泣かせること言ってくれましたが・・・あのなぁ、こんなヘッポコ抜いても誰も褒めてくんないからね、もっと上を目指さんかい!と一言ご忠告です。

 この強風の中、総勢18名のクラブ員が例会に参加、釣れた人も釣れなかった人も最後まで諦めずに腕がパンパンになるまで釣りに集中していたのを見て、その闘志に脱帽です。
 私も精一杯頑張ってみましたが、一尾だけの釣果で終わりました。
 ミラクルはこの厳しい状況でも5枚の釣果、流石ですね。
 しか〜し、暫定トップのミラクルでも7kg弱、まだまだ先は長いですから、チャンスは充分ありますよ、だから皆もドンドン例会に参加して賑わいましょう!
 変人I氏が昨日言ってました「チヌ掛け捲って腕が痛い」って。
 だから今日こう言ってやりました「竿握り捲くって腕が痛い」って。
 痛みは一緒、でも私はこの貧果に心がイタイのであります!(チャンチャン)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

管理人のコメント

 今回は本当にあせりましたよ。
 例会なので、やる気満々で7:30の船。
 七防に着いたら、タモ枠がない!
 一気に気持ちがめいりました。
 しゃあないわ、今年は終わった。。。一応、兄に電話して、時間があったら、渡船乗り場までもってきて。。。
 何とかタモ枠が届いて、戦闘開始!
 でもやる気が出ない、理由は?「強風のせいです!」
 普通なら、こんな日に釣りするアホはおやんやろうって感じの風です。

 せっかく天明竿を持ってきたのに。。。
 昼の休憩後、何となく、やる気があるようなないような、気負いのない落とし方で落としていると、手元までくるアタリが2回!
 気合いを入れて落とすと、止まりのアタリ!
 見事にとらえて、48.8cm!(2kgオーバー!)
 天明竿、めちゃ気持ちよくしなり、釣りあじも抜群です。
 その後は?やる気満々(笑)
 気合いを入れて落としまくり!
 充実した一日になりました(笑)


 *** 2006年3月26日(日) 場所:七防 ***

3月26日(日) 神戸七防

 昨日未明、ルーキーとのメールのやり取りでした。

 迷人    「睡眠不足でフラフラなので、明日は9時半の渡船で渡りましょう」
 ルーキー 「いやいや迷人、明日は7時半に乗りましょう!(笑)」
 迷人    「ゲゲッ!マジっすかぁ。では女の又に力入れて・・・努力して起きます」

 冒頭になんと下品なオヤジギャグかまして、まことに申し訳ございませんが、まぁこんな内容でありました。  私のメールなんてもんは毎度毎度、品性のカケラもないのでありまして、おねぇちゃんがたまに相手にしてくれる時も、これ以上のお下劣を極めております。。。

 3月度・月例日の本日26日、早朝6時3個の目覚ましがけたたましく鳴り響くと同時に起床、二週間ぶりの釣りに朝からワクワクしながらの釣行です。
 前日の状況はかなり厳しく極貧果。
 トトゾウ君の2枚(3、08s)がトップ、ほとんどの方がボーズとの事で、こりゃ今日も釣れそうにないなぁと消沈しながら七防に渡りました・・・なんちゃって、ホンマはかなり25日の釣果が気がかりでね、土曜のほうが毎回釣果が上っているのが常なので、この貧果には内心悦んでしまった。。。ウフッ♪
 苦手な春のシーズンにいつも皆に大差を付けられて悔しい思いをしておりましたが、こんな貧果で春のシーズンが過ぎてくれれば今年は期待が持てるってもんです。
 だから今日も厳しい状況でエエという気持ちと折角来たんやからソコソコ釣りたいって気持ちが混在しておりました。

   で7時半乗船したのは、私とルーキーそしてミラクルの3人だけで何だかチョット拍子抜けしてしまいました。
 月例会なのに、こんなにクラブ員が少ないのも、やはり前日の貧果の影響でしょう。
 なにはともあれ七防に到着後、エサ採りも早々にして前日仕事場にて作成した新バージョンの目印(極・迷人スペシャル)を付けて、ハリスは通常よりも細くして、釣る気満々での第一投目。。。

 さて本日の状況ですが、上潮は西に飛ぶように流れていてミラクルの説明では昨日の朝と同じキツイ二枚潮、こりゃ目印捌くのが難しい〜!
 気休めの策ではありますが、少しでも二枚潮の抵抗をなくすための細ハリスとしました。

 第一投目・・・目印の沈むスピードが異様に速いんですよね、やっぱ凄いキツイ二枚潮なんやなぁって思ってたんですよね、それに新バージョンの目印だからいつもよりハヨ〜落ちよるんやろって思ってたんですよね、でもなぁ、なんぼなんでもこりゃ早過ぎやろ〜ってチョット聞いてみたら・・・かかってやんのチヌが!!!
 ヒェ〜嘘やろ〜まさか一投目からかかってくるかぁ〜アハッアハッアハッ♪
 二ヒロぐらいで聞いてみましたがハリスが沈んだ頃から早く沈み出したからかなり長い間エサ咥えて潜ってたみたいですねぇ、このチヌやん。
 測定45cmは今年の初チヌでございます!メチャう・れ・し・い〜♪
 こんな流れるような二枚潮でも釣れるんやなぁ、もう三枚潮でも四枚潮でもかかってりゃっしゃい!
 チョットはしゃぎ過ぎました、スンマセン。
 でもこの二枚潮での釣りは難しいですね、エサが上手く沈んでくれませんね、オモリを重たくすれば良いんでしょうけど、そうすると浅ダナで喰わすことができないし、目印を張ったり緩めたりしながら悪戦苦闘、その間チョンてな感じの引き込みアタリが2度ありましたがアワセてみても一瞬の手応えでハリにのりません。
 パイプは数回落すだけで虫だけがなくなっていくので何度も付け替えながら、やがて待望の鮮明なアタリが現れました。
 タナはヒトヒロあたりで、目印がシュッバーであります!
 まさにこの擬音意外に思い当たる音はありません。
 「シュッバー」の引き込みアタリに「グワシッ」とアワセ、やり取りは見事なヘッピリ腰なれど本日2枚目は思う存分チヌやんの曳きを楽しんで47cmを無事捕獲。
 その後トマリらしきアタリが2度ありましたが、これはもうアワセるのは私の技量では無理でした。
 因みにこのアタリはアワセを入れていませんでしたがエサがなくなっていたので、アタリであったろうと思いますが、こんなキツイ二枚潮でのトマリをアタリと認識するにはそのアタリの数が少な過ぎましたね、もうチョット同じアタリがあれば対処できたと思うのは、まぁただの言い訳でしかないですねぇ。
 まだまだ未熟でありました。

 二枚潮が消えて落ち着いた頃から何故か私にはアタリがまったくなくなりました。
 もう何度落としてもパイプの虫はなくならないし、エサを付け替えることもほとんどいらないほどになってしまいました。
 してみるとあの間頻繁にパイプの虫がなくなっていたのはチヌが喰ってたんでしょうかね?それとも別の魚なんでしょうか?

 昼からの釣りは悲惨で、アタリなんて一度もなく終わってしまいました。
 午前中アタリのあった同じポイントを攻めてみたのが悪かったのか、逆の西方向に落としていれば良かったのかも知れませんが、これは七防の攻め方の一番悩むトコでして、終わってみていつも同じ反省が巡ります。

 同行のルーキーも2枚ゲット、検量では私と1s以上の差がついてしまいましたが、これは天のイタズラでしょうね、私にツキがあっただけです。
 検量結果は・・・3、19s!(ショボイ!)
 そんでも3月度月例トップ〜!!!
 ミラクルにグフッ、グフッ、グフッ、勝ったぞ〜!!!バンザ〜イ!!!

 「春の珍事」っってどなたかがおっしゃっておいででござぁましたが、その通り!
 正しく春の珍事と言わずしてなんと祝おうや?
 今年はワシはやるでぇ〜♪
 この春で上位に食い込んでいれば、得意の夏がやってくる、そして秋の爆釣シーズンは、毎回月例日に台風がやってきて中止の連続じゃ〜、ヒッヒッヒッこりゃひょっとするとひょっとするんちゃうん〜♪
 こうなりゃ次回4月度月例日は土日連続参加で釣り捲くってやるわさ、もう仕事なんてどうでもエエっちゅうんねん!
 浅ダナで喰ってくりゃこっちのもんだわさ、それにパイプでアタリない時の秘策もルーキーから伝授してもらってるもんに〜。

 今年こそ・・・「打倒ミラクル」の祈願成就の年と見た!
 おぅおぅおぅ、ミラクルよ。
 かかってこんか〜い!!!

 お断りしておきますが、私はミラクルを尊敬しておりますし、決して敵意なぞ微塵もございませんし、会長・副会長として円満に日々過ごさせて頂いております。
 どうかそこんとこだけは誤解しないでいたいた頂だきたくお願い申し上げます。
 これも月例会を少しでも盛り上げて参りたいとの演出とご理解下さい。
 ご理解頂いた上で・・・

 本年初釣行の折に言いたかった今年の目標はだたこの一点。
 「打倒ミラクル!」
 応援の程、ヨロシク〜♪(怖いよなぁ、この軽い口)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

管理人のコメント

 迷人さんの気持ち、よ〜っくわかります!
 私も、ミラクル会長は尊敬しています。
 が、いつかは超えたい人ですね。無理と思うけど。。。
 私が強烈な印象(クラブを結成する前)で残っているのは、落としている私を抜いて、
 ミラクル 「どう、アタリある?」
 私 「全然ありません。今日はダメですね。。。」
 ミラクル 「おっ、今触っている。」
 私の心の中 「またまた〜、ウソばっかり言って〜(笑)」
 ミラクル 「よし!」
 竿がギュ〜ン!
 私 「えっ?」
 私の心の中 「まさか!!!本当に竿曲がっているやん!うっそ〜!」

 こんなことが、何回もありました。
 信じられませんでした。

 また、全くアタリのない日、その昼間、誰も竿を出さず、休憩しているとき、熱心に落としているミラクル。。。
 私の心の中 「何で熱心に落としているのかな?こんなアタリもない日に。。。絶対無理やで。。。」
 ミラクル 「よし!来た〜!」
 私の心の中 「またまた〜。そんなことないよ〜(笑)」
 私 「えっ?」
 私の心の中 「竿、強烈に曲がってるやん!うっそ〜」
 このとき釣れたのは、年無し!
 私の心の中 「この人は違う。本物や!化け物や!」
 こんな感じで年無し釣ったのは、数回あったかな?
 本当に信じられませんでした。

 とある人から(クラブ員から)聞きました。

 「ミラクルがミラクルなうちに、ミラクルに勝ちたい。ミラクルを超えたい!」

 この気持ちは、よ〜くわかります。
 ミラクルは、クラブ員の目標であり、超えたい壁です。
 黒鯛人は、ミラクルがいるから目標となるミラクルがいるから元気なんですよ!
 ミラクルは、本当にミラクルですよ!


 *** 2006年3月12日(日) 場所:七防 ***

3月12日(日) 神戸七防

 11日の陽気一変、天候悪化の本日。
 『第18回春季大会』が開催されました。
 天気予報がバッチリと的中でありまして、これほど精度の高い予想が、私の馬券にものり移ってほしいものですねっ!って毒を吐いてしまいます。

 当日は朝からの雨、午後からは風が強くなるとの予報でしたので、どれだけの方々が参加されるのか心配でした。
 いつもなら受付時間の1時間前から来られる方がいらっしゃるのに、今回は出足がかなり鈍くて、この天候では仕方がないかなぁっと諦めておりましたが、なんとなんと総勢77名もの参加者が集まりました。
 この天候にも関わらず、参加下さいました皆様の気合をヒシヒシと感じ、改めてその釣りバカぶりに敬意を表します。(アリガトウ!)

 皆さんが西に東にと釣り始めるのを眺めながら、まずは腹ごしらえに握り飯を三個平らげて熱いお茶を飲んでいますと、チラホラと釣れているとの情報があり、ホッとしながらも私も乗り遅れまいと竿を出す事にしました。
 釣り始めてスグにアタリです♪
 タナが深いこの時期でも私は目印をつけて意固地な釣りを徹底しておりますが、そんな目印がズルズル〜っと引き込まれて、今年初めてのアタリに感激しながらもチョット遅めのアワセをグワシッと入れてやりましたが、何の手応えもありません。。。
 あれはゼ〜タイ、チヌのアタリであります!!!
 目印のタナでアタリがあったんですから、期待大!
 次ぎのアタリを求めて落すこと2時間・・・ズルズル〜と引き込むアタリは二度と現れず完敗でした。
 残念ながらその頃になると風も白波が立つほど強くなり、3時前に釣り中止を決定、大会初の途中打ち切りとなってしまいました。
 参加された皆様には大変残念なことになってしまいまして申し訳なかったですが、不平の声もなく速やかに撤収の指示に従って頂き、感謝しています。
 「今アタリが出だしたのに〜」っとの楽しいジョークで返してくれたり、「寒かったから、その指示を待ってましたぁ」って笑顔で受け答えしてくれたりと、皆さんの私たちを気遣ってくれた優しさが嬉しかったです。

 さて、この厳しい状況ではありましたが、全体で17枚のチヌが釣れて検寸台が役立ってくれました。(笑)
 で、やってくれましたねぇ〜♪
 武庫茅会正統派男前サトシ様〜
 最長寸の部、48.3cmで見事優勝・・・おめでとうございます!
 それだけではすましまへんでぇ〜この男前は!
 なんとなんと最多枚数の部でも優勝・・・おめでとうございます!
 W受賞、お見事でした!!!
 今年も数々の大会でその雄姿を見せ付けられそうですが、大阪湾の大会の初戦となる今大会でこれ以上のない幸先のよいスタートが切れましたね。
 心から祝福の拍手を送ります。

 それに反して、黒鯛人の不甲斐ないことといったら・・・。
 開催日が12日だったから、飛び賞の12位にスーさんが入れてなんとか黒鯛人の名前が載りましたけどね、これが11日とか13日やったら、どないすんねん!ちゅうことやね。
 ホンマ、どなたもこなたもバラシてばっかりおらんとシッカリと釣りせなアッカ〜ン。

 卑しくもホームグランドでっせ、毎回毎回なにやっとんじゃ〜!!!
 ンッ?開始早々、オニギリ喰ってる奴に言われたぁないってか?・・・確かに。。。
 でもワシにそんな事言うもんやない!
 大会で魚なんて釣れる腕がこの私にあると思うてか!ガハハハ♪


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 ここからはチョット真面目に今大会を振り返ってみますが、どうも今回は運営に不備があり、反省点が色々露呈してしまいました。
 私を筆頭に運営委員達に、今回もいつもの大会のように何とかなるやとうとの空気が蔓延し、それぞれが油断していたのが最大の原因です。
 役割分担もいい加減、細部にわたる気配りもいい加減、皆さんが楽しみにして下さっていた表彰式も不細工そのもの。
 これでは、今日の悪天候にも関わらずにお集まり頂いた皆様に申し訳なくて、恥ずかしさでいっぱいです。
 これは運営委員皆の懺悔の言葉と受け取って下さい。
 大会後に反省会を開いたのも久しぶりの事でしたが、次回大会ではもっとシッカリとした運営を心がける事で気持ちが一致しました。
 次回、秋の大会ではもう少し、マシな大会を運営してまいります。

 私たちの主催する大会では”全員参加”をコンセプトとして、その姿勢はこれからも一貫して参りたいと思っています。
 その為、多少の不備はご容赦願いたいのですが、今回の大会はその範囲を超えてしまいました。
 重ね重ね、お詫び致します。
 これに懲りずに次回の大会にもご参加下さいますよう、黒鯛人一同心よりお待ちしております。
 本日はご参加下さいまして、ありがとうございました!!!


 *** 2006年3月4日(土) 場所:七防 ***

3月4日(土) 神戸七防

 「釣り初め」・・・ツリゾメと読んで下さい。
 それぐらい読めるちゅうねん!・・・そのツッコミにありがとう。

 1月末頃から爆釣情報が知りたくもないのに入って参りました。
 私は仕事に集中したいんですけどね、ホンマおせっかいな方達のおかげで週末になるたんびに雨乞い連発、荒天祈願を頭にロウソクおったてて古今東西の数々の呪文を半狂乱に口角泡を飛ばしながら唱えて参りました。
 釣れ捲くり伝説の2月などは小生一日の休みもとれずに悶々とする日々、あ〜チヌが釣りたい釣りたい釣りたい、でも釣りに行けない行けない行けない、やがてストレスは形を変えてこうなるのです。
 「エコエコアザラクエコエコアザラク、ボーズの精霊達よ、神戸の海に舞い降りるのじゃ〜!!!」

 舞い降りて参りましたなぁ・・・今日。(なんで今日やねん!
 お約束みたいな展開ですけど、アタリすら一度もない完全玉砕です。

 掛かり付けの病院でクスリ(カタカナで書くとヤバいよなぁ)を貰いに月一の通院をしていますが、それを午前中に済ませて・・・と言うか医者には昼から得意先の方と仕事の打ち合わせがあるんで、早く診察を済ませてくれとお願いしてなんとか12時半の渡船時間に間に合わせて今年の初釣りとなりました。
 嘘つき?とんでもおまへん!七防でお得意さんのチヌとのアポをとっとりましたがな〜♪

 だから真実をチョイとオブラートに包み込んで、お医者はんにご説明さしてもろただけですがな〜♪
 でしょ?私のような小心者が嘘などつこうなんてとんでもございません!
 ただ、アポをとってたお得意さんにドタキャンされただけでんがな〜(ガクッ)

 でもねぇ、気持ち良かったなぁ〜。
 久しぶりの神戸の海、釣竿握って外海を眺めているとやっぱり釣りって良いよなぁ〜
 ってシミジミしてしまいました。
 水潮で水温下がってチヌの活性すこぶる悪くって、殆んどの方がボーズの精霊達に飲み込まれる最悪の状況であったのですが、私と弟子の交わす言葉は『気持ち良いなぁ〜』の一言でした。
 今日だけはアタリ一度もないボーズでも、七防に来れただけで満足してしまいました。

 勿論、折角初釣りにきたのですから、今年一年占う為にも一枚釣りたくて集中して落とし続けてみたのは当然です。
 チヌは今日はお休みかいなって思っていたら、4時半頃だったかな、落としていた餌の付近にユラユラとチヌが上って海面スレスレまでその美しい魚体を悠々と見せびらかして餌とは反対方向へ潜水してしまいました。
 なんだか挨拶されたような・・・マヌケな釣り師様、今年も気が向いたら遊んでア・ゲ・ル♪ってね。
 ほんの数秒なのに、とっても長い時間そのチヌと対峙していた感じでしたね、不思議な時間でした。
 いつもならそんな光景に何の感慨も生まれないのに、この感覚は何を暗示しているのやら、今年の釣りが楽しみになってきました。

 毎日仕事の道程は歩く事すら億劫でだるいのに、七防で歩く足の軽い事!
 そして、名残の日焼けした顔の火照りに癒されています。
 落とし込み初日、良い釣りできました。
 今年も私の「落とし込み」が始まりました。
 どんなドタバタになるのやら、指針は何もありませんが皆さんと七防でお会い出来る事を楽しみに釣行を続けて参ります。
 指針はなくても目標は設定してますが、ここで公表しても何の益もございませんので割愛いたします。
 でも「口は軽いが約束は守る」私の事ですからやっぱり言っちゃおうかなぁ。
 口は軽いところだけ強調して申し上げるのなら・・・ン〜っと、やっぱ止めとこ、益無しやもん。
 あ〜でもなぁ、言いたいなぁ。。。
 「口軽・優柔不断・約束微守」ほんでから「ネェチャン大好き、ドスケベ中年」ついでに「歩く姿はタンクガニ」な私は・・・・・健在。

 ホンジャ皆様、今年もヨロシク!!!